雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

渋谷ゲーム会20110720

 創作文芸仲間の佐藤さんが、実はボドゲ好きであったことを知り、1月くらいから遊びましょうと約束していたのですが、3・11や、急な予定その他で、すれ違い続けてしまい、本日、ようやく相まみえることができました。良かったよかった。

バトルライン


 まずは、本日の主題。佐藤さんにご持参頂きました、クニツィアの名作対戦ゲーム『バトルライン』です。
 2人対戦ゲームとしては、非常に高い完成度と知名度を誇るのですが、恥ずかしながら秋山はiPhoneアプリでしか経験がなく、今日、初めてリアルでプレイした次第です。
 計2回プレイしたのですが、2回ともストレートに負けてしまいました。iPhoneでやりこんでいたのは、2月から3月に掛けてだったので、だいぶタクティクスカードの内訳を失念してしまっていたというのが敗因*1でしょうか、悔しいです。
 想定では、ゲームを持ってきた佐藤さんを、逆に最強秋山が、華麗に返り討ちにするはずだったのですが……おかしいなあ。

ドメモ


 本日の会場はPlayground Office Qだったのですが、棚にドメモが置いてあったので、お借りしてプレイしてみました。
 ボドゲサイトを見てルールは知っていたのですが、プレイするのは初めてで、相手の手札から自分の手札を想像するという、中々、もどかしい体験を楽しむことができました。
 計3回プレイして、1勝2敗。今日の秋山は、もう駄目です……。

ブロックス トライゴン


 ドメモに続き、ブロックスの三角形Ver.もお借りしてプレイしてみました。
 ブロックスiPhoneアプリで、かなりやりこみましたが、三角形バージョンの『トライゴン』というのは、存在からして初耳です。しかし、基本は変わらないだろうと、コマ数の多いコマを使いながら、敵陣に大胆に踏み込み、あっという間に緑を封殺してやりました。
 後は青に押し込まれないよう、のらりくらりと避けながらタイルを配置していくだけの、かんたんなお仕事です。
 結果は秋山の圧勝でしたが、これは、ちょっとコツを知っているプレイヤとそうでないプレイヤの差が単に出ただけで、スマートな勝ち方ではなかったですね。

R


 残り時間が30分を切ったので、秋山持参のRを。
 負けました。

RRR


 Rに続いて、RRRも。
 計2回プレイして、1勝1敗でした。

おわりに

 振り返ってみると、全体的に敗北の連続でした。
 唯一『ブロックス トライゴン』だけは快勝しましたが、経験の差が出ただけなので、別になんともありません。むしろ、お互いに初プレイであったドメモで負けたことの方が、よっぽど悔しいです。
 ま、ひとは負けることで強くなるものです。涙の数だけ強くなれるよ!

*1:言い訳