雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

山を探索してキノコを探せ『きのこはかせ』開けてみた

 森木ノ子さんイラストによる、きのこゲーム。出水さんという方は存じ上げませんでしたが、遊星からのフリーキックのてらしまさんのところに委託で出されていたので、面白くないということはないだろうと思っていましたが、ルールを読んだところ、かなり良さそうで飛びつきました。
 もう3回ほど遊びましたが、実際、楽しいです。

開けてみた


 まずは箱から。
 これが、きのこはかせ……なのか……っ!?



 やべえ、変な、きのこがいっぱい。受ける。



 シュリンクは、なかったので、そのままパカッと開けてみます。



 中身を展開します。
 ルールと、しっかり梱包されたカードと*1、後は……ん? なんだこの白いの??



 個別に包装されていた白いのを、ひとつずつ袋から出してみます。
 変な見た目ですが、ルールブックを確認すると、どうやら、これは「カード立て」であるらしいですぞ(博士風)。



 カードを展開するついでに、カード立てに立ててみました。おおっ! これは、なかなか……いいっ!!



 裏から見るとこんな感じです。
 なるほど、相手のカードは鮮明に見えるけれど、自分のカードは分からない。
 インディアンポーカー系のゲームなので、こういう小道具があると、格段に遊びやすくなりますね!

おわりに

 ドラフトゲームで使うカードはスリーブに入れたい派なので、全カードをスリーブに入れましたが、スリーブに入れてもカード立てには、問題なく収まりましたし、むしろ、厚みが加わったことで、より安定した感じです。
 ゲーム自体は、冒頭に記したように連続で何度も遊んでしまうほど面白く、今のところ『ワンナイト人狼』と並んで、今回のゲームマーケットあたりであるように考えています。ミスボドでも積極的に立てて広めていきますので、よろしく!!

*1:このカードの梱包っぷりは、地味に好印象ですよね。