雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

名古屋イエサブゲーム会_2014_0221

 少し遅くなりましたが、毎週末、名古屋のイエローサブマリンで開催されている平日夜ゲーム会に参加しました。

とらんぷくえすとぷらす


(インスト:10分、プレイ時間:1時間 x 2回)
 少し前のゲームマーケットで人気だった、トランプを用いて遊ぶデッキ構築型ゲーム。500円ゲームズのひとつ。
 気になっていたのですが、今ひとつ遊ぶ機会を得られなかったのと、もう、そろそろデッキ構築型は充分かな……と、思っていたのですが、これが、いやはや人気作と呼ばれることも納得!
 面白かったです。
 魔王担当プレイヤ1人対勇者複数人で遊ぶゲームなのですが、デッキ構築と言うより、ハンドマネジメントに近しく、協力プレイと拡大再生産の要素が少しずつ注入されていて、なかなか面白いです。
 2回、続けて遊んだのですが、圧倒的に強い魔王を前にして、為す術もなく翻弄される勇者一同でした。
 勇者側は相談可なので、役割分担したり、色々と検討したりしながら戦うのですが、なかなか勝てないものですね。この手のゲームの常として、魔王は単身で遊ぶことになるので、若干の孤独感がありますが、圧倒的万能感と言えるほどカードが強いので、まあ、相殺できているのではないでしょうか。
 また、勇者陣営で遊んで、今度こそ勝ちたいなとも思いますし、魔王で遊んでみたいなとも思います。
(1戦目:魔王ねくろんさん、勇者ソルトさん、Enterさん、秋山)
(2戦目:魔王Enterさん、勇者ねくろんさん、ソルトさん、秋山)

終わりに

 到着した時間が遅かったこともあり2ゲームだけ。
 500円でありながら、1時間しっかり遊べるボリュームも、このゲームが人気の証かもしれませんね。