雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第77回「ラ管連ボードゲーム会」レポート

 リッパーさん主催のゲーム会に、久々に参加しました。
 東京のゲーム会ですと、ミスボドの翌日に開催してくださると、名古屋に帰りがてら参加できるのですが、体力を根こそぎ持っていかれるので、だいたいお昼過ぎまでは死人みたいな状況になっています。
 特に、この日は増税前ということで、カーテンを新調すべくFrancfrancに行っていたのですが、会場に着いた時点で、体力ゲージが黄色くなっていました。
 しばらくは、畳の上でぼんやりと座りながら、遠征対応や演習をこなしていたりしました(艦これのデイリー任務は、頭を使わずに出来るから楽でいいですね……。

ジキルとハイド

(インスト:5分、プレイ時間:50分)
 ぐったりしている内に、由衣さんとちづるさんがやってきたので、リッパーさん含め4人でトリックテイキングの新作『ジキルとハイド』を遊びました。
 これは、かなり変態感が強いですね……。
 2対2のペア戦なのですが、自分の命運を他チームの人間に握られているという点において、賽苑さんの『ダズル』に近しいイメージを受けました。
 ルールを聞いた時点では、ピンと来ていませんでしたが、カードを配られた瞬間に「これは、すごい……!」と激震が走りました。
 適当にやっていると絶対に勝てないけれど、必死でカウンティングして、読み合って、ようやく勝てるかもというバランスが絶妙です。秋山は、由衣さんとペアを組んだのですが、さすがに慣れているだけあってヒントの出し方が巧妙です。手取り足取り、教えていただきながら、なんとか追いつくような感じでした。
 由衣さんのリードが上手だったことと、手配に恵まれたことから第1ラウンドで大きく点を獲得することができ、その差を保ったまま勝利することができました。
 尚、ルールには1000点獲得まで遊ぶとありましたが、とりあえず4ラウンドやっておしまいにしました。
(由衣さん&秋山:182点、ちづるさん&リッパーさん:123点)

セイルトゥインディア


(プレイ時間:1時間)
 ワーカー駒を徹底的に使いまわす、ワーカープレイスメントの傑作。
 2番手でした。
 港湾管理で回すのを試してみたかったので、初手港湾管理で突っ走ってみましたが、これは強いですね。インドなんか全無視で、リスボンから3移動の範囲で、ぐるぐる回るだけで、勝手に勝利点が入ってきます。
 港湾管理プレイを選んだときのポイントは、ゲームを終わらせるタイミングですね。永山さんが建築学と地図で、かなり猛追してきていたので、ギルドを取られていたら逆転されていたかもしれません。
 結果的にインストしたひとが勝ってしまいましたが、まあ、この会で、この面子なら許されますよね。てへぺろ
(秋山25点、イワシさん22点、永山さん20点、愛咲さん14点)

ごいた


 石川県の伝統ゲーム。
 運の要素が強いゲームですが、そこが好きです。
 今回はカードの巡りに恵まれ、ほぼ無双でした。
(イワシさん&秋山:170点、永山さん&愛咲さん:50点)

Fate/Ace Royal


(インスト:30分、プレイ時間:1時間10分)
 ゐんどさんが遊びたいと仰っていたのですが『テラミスティカ』を始められてしまったので、では……ということで、後からやってきた、にゃかのさんを交えて5人で『Fate/Ace Royal』を遊ぶことに。
 前回は、やたら時間が掛かった印象がありましたが、今回は永山さんが早めに帰られるということで、全体的に巻き進行。カードテクストもあんまり読まず、ずんずんとスピード重視で遊びました。
 2巡目で遭遇戦が発生し、イワシさんと永山さんの正体が暴かれ、秋山も殴られ、礼装が整う間もなく、聖杯戦争勃発です。最後は、愛咲さん無双を止めることができず、為す術なく敗退という感じ。まあ、これくらい、あっさり終わった方が、楽しいかもしれません。

終わりに

Fate/Ace Royal』を終えた段階で、体力が尽きて、他の方々が遊んでいるのを眺めながら、iPadを持ち寄ったり、なんやかんやしているうちに終わりの時間。二次会に行く方々を見送って、名古屋へと帰ったのでした……。