雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

福岡を歩き回った日のこと

 少し前ですが、仕事で福岡に行きました。
 前後に美味しいものを食べたり、古本屋を回ったりしたので、少しだけ紹介させてください。

 夜の博多駅
 久々の福岡ですけれど、1月とは思えない暖かさでした。空港から地下鉄に乗り換えるときからしてコートを着てないひとが多くて「おかしいな」と思っていたのですが、この時間でも、風が少し涼しいくらいでしたね。1月の福岡すごいです!

 夕飯は丸秀鮮魚店でいただきました。
 こちらは刺し身の盛り合わせですが、大きな寒ブリと、〆てない鯖に感動しました。生鯖をゴマだれで食べると美味しいということで、試してみましたが、なかなかどうして素晴らしい味でした。

 翌日、Ingresをやりながら歩いていて、ハックしたポータルを目で確認しようと顔をあげたら、すごいおたふくを見てしまい、思わず「ひっ」と声が……。

 お昼は一心不乱でいただきました。
 わりと好みの味で、替え玉しようか悩んだのですが、この後、古本屋を歩き回っている内にお腹が空いたら、他のお店も攻められるかもと思ってがまんしました。

 分かりにくいですが、こちらはイエローサブマリンマジッカーズ福岡店が入ってるビル。7階のベランダに、黄色い看板が出ているのが分かりますでしょうか。
 マジッカーズという店名からも察せられる通り、店内のほとんどはTCGでした。一応、ボードゲームのコーナーもありましたが、ドミニオンカタンカルカソンヌといった定番ゲームが並んでいるのみ。
 ボードゲーム棚には先客がいて『ワードバスケット』を手に買おうかどうか迷っている風だったのが微笑ましかったです。

 こちらは、まんだらけ福岡店。
 縮小された写真では分かりにくいかもしれませんが「MANDARAKE」の「N」から「E」まで本棚が並んでいます。100円棚かなと思って近づいてみたら、まさかの50円均一でした。ちょっと色々と欲しくなってしまいそうで危険を感じて、慌てて離れました。


 こちらは天神駅近くの、入江書店さん。
 店内は明るく、きれいに片付いていました。
 このお店の顔とも言うべき古書は、大きな窓に面していて、店外からも見えるようになっていました。こういう展示は素敵ですね。

 まんだらけ、入江書店を経て、次に向かったのは、旅と古本の店ひとつ星。
 わずか一坪という狭いスペースで展開しているセレクトショップということで、楽しみに伺ったのですが、残念ながら営業は土日祝のみということで、閉まっている扉をぱしゃりと。

 歩き回っている内に小腹が空いてきたので、久留米 大砲ラーメンへ。
 いただいたのは屋台時代の味を再現したという昔ラーメン。一心不乱と比較するとさっぱりだったかしら。

終わりに

 福岡にはゲーマーズサロン「サンクチュアリ福岡」というボードゲームも遊べる、TRPGプレイスペースがあるので時間があれば立ち寄りたかったのですが、残念ながら帰りの飛行機に間に合わなくなってしまうので断念しました。
 ひとつ星さんも再挑戦したいですし、またの機会を探します!