雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

フレイさん宅ゲーム会_2015_0219

 フレイさんとのカヴェルナ強化訓練2日目です。
 この日は、くまぁとんさんが参戦可能とのことで、まずは『グラスロード』を遊ばせていただきます。なんか、すっかりローゼンベルクが好きなひとみたいですね。

グラスロード



(インスト:20分、プレイ時間:1時間10分)
 インストを受けたときは『魔法にかかったみたい』に似ているなと思いましたが、実際には『祈り、働け』の系譜にあるようなデザインだと感じました。相手がどんなアクションを選択したいか読み切るのが大事ですね。
 歯車の回転がよく出来ていて「レンガ出来ちゃった♪」なときもあれば「レンガ出来ちゃった\(^o^)/」なときもあります。第1ラウンドおよび第2ラウンドにおいて木をしっかり伐採しておいて、首領……でしたっけ? タイルを3種1枚ずつ引いて、自分だけが使えるやつ、あのアクションは必須だと感じました。これをしておかないと、充分な競合排除ができないので、終盤の勝利点調整が非常に難しくなります。
(くまぁとんさん24点、フレイさん21.5点、秋山17.5点)
 写真を見ていて気が付きましたが、最終アクションで「レンガ倉庫」を取ったのに、レンガの数が3ではなく1になってます。足し忘れですね。まあ、これを入れても19.5点で20点の壁を越えられてませんけど……。

カヴェルナ



(プレイ時間:45分)
 すべての部屋タイルを入れて完全版でプレイします。そして、1人30分の持ち時間で遊ぶことに。
 出来ることが広がったので、色々と夢を見ながらプレイしましたが、結局、上手いコンボを決めることが出来ず、取った部屋タイルは、すべて初プレイ用に含まれる初心者向けのものばかりという体たらく。と言うか、選択肢が増えても、考える余力がないと意味がないですね。結局、前日より点数が下がって、しょんぼりずむ。
(秋山63点、フレイさん62点)

終わりに

 終了後、フレイさんと2人して、タイルを並べて「あーでもないこーでもない」と吟味。
「このタイルとこのタイルは相性が良いと思う」「これは強い、これと組み合わせるともっと強い」「これも爆発力があるが、仕掛け時が難しい」と語り合いました。