雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

フレイさん宅ゲーム会_2015_0225

 カヴェルナ強化月間(月間?)ということで、今日もフレイさんとカヴェルナを遊ぶために、スーツのまま自転車を駆るのでした。

カヴェルナ



(プレイ時間:55分)
 初手事務室でスタートしました。事務室はダブルタイルをボードからはみ出すように置くことができて、そうして置く度に2金貰えるという特徴を持っています。
 ゲーム序盤は4金を3飯に変換して、飯供給として、中盤から後半に掛けては作業場と採掘場で悠々自適の生活を送り始めます。3ドワーフに武器を持たせて、なるべく手数を圧縮しようと探索に出まくったのですが、中盤からブレてしまいましたね。
 せっかく事務室で金を作ることができるので、談話ルームに行きたかったのですが、書斎部屋に逃げてしまい、鉱石の鉱床がいっぱいあるので、鉱石を獲得しやすいと思って鉱石倉庫を用意しましたが、「やっぱり、鍛冶ルームの方が良いかも……?」と両方、建ててますし。野菜を植える暇もありませんでした。ダメダメや……。
(秋山72点、フレイさん66点)

カヴェルナ

(プレイ時間:40分)
 写真は撮り忘れました。
 たしか初手は家具製作所でした。2鉱床2ルビー鉱床あれば、採掘場がペイするように思ったので、粛々と体制を整えていったのですが、満遍なく食料基盤を整えることに注力し過ぎてしまい、勝利点を獲得する仕掛けまで手が伸ばせませんでした。
 紡績ルームを作っても、主倉庫を作っても、石材倉庫を作っても、鉱石倉庫を作っても4点行動にしかならないという、どっちつかず感でした。後から気づいたのですが、飼料部屋は、ありでしたね。羊ロバ猪を満遍なく持っていたので6点行動くらいにはなりました(あ、でもビアルームと競合するか……)。
 そろそろ点数効率を考えたプレイングが求められますね。
(秋山71点、フレイさん55点)

キーフラワー



(プレイ時間:1時間20分)
 だいぶ久々に遊んだ感がありましたが、ざっと3ヶ月ぶりでした。
 遊び始める前は、ほぼルールを忘れていましたが、遊び始めてからはさくっと思い出しました。
 今回は組み合わせが悪かった印象です。春と秋はとにかくタイルを競り落とすことに注力しました。他プレイヤに自分のタイルを使って貰えれば、ミープルが増えるので、それを狙った次第です。夏に資源コマを金コマに変換できる船を獲得できたので、これを軸に戦おうと決め、秋はスタピータイルだけを狙い、後は、黙々と資源を増やすことに注力……しようとしたところで、ゲルズさんに奪われたのが敗因だったかもしれません。
 冬はけっこう苦しい戦いを強いられましたが、まあ、頑張ったと思います。
(フレイさん47点、秋山44点、ゲルズさん41点)

終わりに

『カヴェルナ』は70点は越えられるようになった感じです。
 100点を越えられたら、ひとまずは研究終了として、次の課題として「『トランプゲーム大全』を片っ端から遊んでいく」に着手したいなと考えています。