雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

フレイさん宅ゲーム会_2015_0327


 金曜日はイエサブ大須のゲーム会か、徳重のTREEボードゲームさんに顔を出してから、フレイさん宅へとお伺いしようと思っていたのですが、この週は、ずっと仕事に追われる毎日で、ぜんぜん駄目でした。
 23時過ぎくらいに、ふらふらになりながらフレイさん宅をお伺いしたところ、くまぁとんさんと遊ばれていたので良かったですが……。

テラミスティカ



(プレイ時間:50分)
 くまぁとんさんは帰られるとのことで、フレイさんと2人戦。
 得点タイルが開拓地、交易地、砦、開拓地、交易地、街という順番で、ボーナスタイルに6金、4金、開拓地、船が見えたので「これはドラゴンロード最強だ……!」と思っていたら、見事にフレイさんにカットされました。ですよねー。と言うわけで、
 1番手はフレイさんドラゴンロード、2番手は秋山イエティでした。
 お伺いしたときから頭痛でふらふらだったのですが、遊び始めたらなんとかなるかなと思いましたが、そんなこともなく、イエティの特殊能力である1パワー安くパワーアクションを実行できるを忘れたり、思うところあって先にパスアウトしてボーナスタイルを取ったはずが、何をするべきか忘れてしまうとか、ボロボロな感じでした。
 久々に100点も割って、イエティに申し訳ない感じです。
 所感。雪原勢力は足が遅いですね。開始地点を上書きするのにも1スコップ必要なので、スコップの調達方法が非常に重要です。ボーナスタイルにスコップがないと、ややきついですね。ただ、先に地形を雪にしてしまえば、上書きされることはないので、それはそれで強いですが……。ドラゴンロードを相手にする上で、イエティは、あまり有効ではなかったですね。ドラゴンロードの制圧力に抗うには、イエティの速攻パワーアクションからの雪原変換か、シェイプシフターによる拠点地形を変換しながらの迅速逃げか、マーメイドの川沿い逃げのいずれかが有効かと思いますが、ウィッチの砦能力も悪くなかったかもしれません。と言うか、パワーアクションを、ほとんど使う余裕のないドラゴンロードに対し初手砦は意味なかったですね。神殿にして魔力供給体制を整えながら、神殿ボーナスを着実に貰うべきでした。活かしてあげることができず、イエティに申し訳ない感じです(2回目)
(フレイさん128点、秋山81点)

テラミスティカ



(プレイ時間:20分)
 先ほどの得点タイルとボーナスタイルで、どうしてもドラゴンロードを試してみたかったので、フレイさんに頼み込んで、同じセットでもう1戦。
 1番手秋山ドラゴンロード、2番手フレイさんスウォームリング。
 青色だけ見て、最初はマーメイドかと思って「なるほど、やはり考えることは似通っているな」と思ったのですが、スウォームリングで「足の遅いスウォームリングで、ドラゴンロードの制圧力に耐えられるのかしら……」と悩みながらプレイ開始。フレイさんが4金教団タイルを取られたので、安心して2金開拓地を選択。初手からパワーを生贄に捧げ、包囲網を作っていきます。第1ラウンドにおいて、ほぼほぼ包囲が完成されて、趨勢は決したように感じましたが、多分、分水嶺になったのはフレイさんが労働者3パワーのボーナスタイルを取った瞬間でしょう。残っていた船タイルを取って、そのまま川を越えて、フレイさんの喉奥に刃を突きつけるように地形を燃やしていきます。2個、変換したところでフレイさんに協議終了を申し出ました。一応、フレイさんが頑張って船を伸ばせば、包囲網から脱出できますが、多分、第3ラウンドに秋山が砦を完成させて、降ってきたパワーで包囲網を厚くすると脱出が不可能になります。あるいは、荒れ地タイルだけを燃やしておいて、森に着地させれば秋山的には隣接が増えるので、3街が容易になります。2ラウンド目に着々と交易地を増やし、3ラウンド目に砦を建てて魔力を補充して、4ラウンド目に開拓地を再度建てて、5ラウンド目に交易地を立てつつ街を作る準備を整えて、最終ラウンドに3街一気に作って完成。余力があれば、1教団くらいは首位を取れるかもしれません。伸ばすなら青ですかね。

終わりに

「ドラゴンロードの制圧力を見ると、ノマドジャイアントが可愛く見えますね」という話をして解散