雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

雲上回廊から第1回「文学フリマ金沢」のお知らせ(その1)


 こんにちは、雲上回廊秋山真琴です。
 再来週末に迫った記念すべき第一回文学フリマ金沢に向けての告知です。雲上回廊は4月19日(日)に石川県は金沢駅から徒歩15分、ITビジネスプラザ武蔵(石川県金沢市にて開催される文学系即売会の文学フリマ金沢に出店します。ブース番号はい-19、サークル名は雲上回廊です。ブースを訪れる際は、伊19を思い浮かべながらお越しください。

潜水艦の伊一九よ。うん、イク。
正規空母ワスプを自慢の酸素魚雷で仕留めたの。さらにずっーと先を航行していた戦艦や駆逐艦にも命中したの。
海のスナイパー、イクさんの活躍、ずーっと覚えていてなの…ね。

雲上回廊とは

 雲上回廊は秋山真琴が代表を務める、総合創作団体です。主な活動として文芸作品の発表の他、出版機能や編集機能の提供を行なっています。と書くと、多くの団体員がいるように見えますが、今も昔も代表一名だけの団体です。コーポレートメッセージとして「For everyone's tomorrow」を掲げています。
 文学フリマにおいては、秋山真琴が執筆した作品の頒布と、秋山真琴が編集や企画等で関わった作品の頒布を行なっています。

同人誌のつくりかたセミナー

文学フリマに興味はあるけど、どんなふうにして本を作ればいいのかわからない、一人でつくるのは怖い……そんな方にうってつけのセミナーを、文学フリマで活躍している作家さんにお願いしてみました。参加無料、事前申込不要です。
11:30 ? 12:30 「テクニカルセッション?同人誌のつくりかた」
講師:秋山真琴さん ( い-19 「雲上回廊」)
サイト: ホーム - 雲上回廊別館
コピー本、オンデマンド印刷、オフセット印刷……いろいろある本の種類、作り方もよく分かりませんよね。いったいどうやって本を作ればよいのでしょう? 経験豊富な秋山さんがやさしく教えてくれます。

http://bunfree-kanazawa.hatenablog.jp/entry/kanazawa01_special

 と言うわけで、セミナーの講師として登壇することになりました
 とにかく実践的であることを重視しています。編集画面や入稿画面のスクリーンショットを撮りまくったので「余白は○○mmが良いと思います」だとか「この紙は、この厚さがオススメです」と、具体的にお話しようと思います。
 よろしくお願いします。

頒布する本の紹介

 新刊既刊も持参します。
 新刊は、
・著/添田健一、絵/松下利亜『そえもの 添田健一物語集』
・アンソロジィ『ゆる本 Vol.22』
 の2種類を予定しています。
 既刊は回廊文庫全種の予定です。
 手が回らないような気がしているので、委託は、今回、受けられるかどうか分かりませんが、希望者はお気軽にお問い合わせください。

終わりに

 とりあえず、まずは告知1回目! と言うことで!!
 新刊の表紙が用意できたら、また発表します。よろしくお願いします。