雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第3回「ミスボドGW」


 今年の連休は、若干の飛び石感のある連休でしたね。
 秋山は7日と8日に有休を取って、このタイミングでミスボドGWを開催しました。
「この2日間はゲームマーケット新作を遊びまくります!」と宣言したのですが、その通りに色々と遊べて良かったです。以下、遊んだゲームの感想など。

精霊回路ドライヴ


(プレイ時間:1時間)
 まずはゴマ卵さん持参の『精霊回路ドライヴ』から、ゲームマーケット大阪で発表された第1拡張「夜天術式」とゲームマーケット春で発表された第2拡張「神代復古」を入れてのプレイです。
「神代復古」は中々、ドラスティックな拡張でしたね。明らかに強すぎなキャラが増えており、しかしコストが重いので、上手いこと連携を組まないと活用しきれません。新カードを見て「妲己強い、絶対に強い(確信」と思いましたが、案の定、強かったです。でも、負けました……。
(遊んだ人:バズさん、シンディーさん、ゴマ卵さん、秋山)

知ったか映画研究家


(プレイ時間:20分)
 引き続き、ゲームマーケット大阪の新作を6人で。
 即興力を試されるゲームでした。喋ることに夢中になってしまい、なかなか他の方が喋ったことを覚えていられませんね。声の大きいアル隊長が純粋に有利でした。
(遊んだ人:アル隊長、シンディーさん、バズさん、N氏、ゴマ卵、秋山)

ゲットスイートラブ



(インスト:10分、プレイ時間:30分)
 アル隊長イチオシということで遊びました、通称ゲスラブ。
 なるほど、ゲスいですね。丁寧に育て上げた子が、他のプレイヤにあっさりさらわれていくのには愕然としました。
(ゴマ卵さん14点、バズさん10点、アル隊長7点、秋山-16点)

ゴー・ダッ・チーズ


(インスト:5分、プレイ時間:25分)
 あらゆる点において完成度が高いゲームですね。
 ルールを聞いて、読み合いがメインとなるので苦手だとも感じました。ただ、基本的にはポイントとなる仕掛け場所がいくつかあって、そこを乗り越えたプレイヤが飛び抜けられるのではないかと。
(秋山17点、N氏 15点、バズさん 12点、ゴマ卵さん9点、アル隊長9点)

ロードトゥシンデレラ


(インストを含むプレイ時間:1時間10分)
 リッパーさんインストで遊びました、アイドルマスターシンデレラガールズをテーマとしたゲーム。デッキ構築の亜種でしょうか、なかなか斬新なシステムだと感じました。ちょうどアニメの『シンデレラガールズ』を見終えたところだったので、テーマ的にも面白く感じることができて、これは何度もプレイしたくなる作品だなと感じた次第。
(リッパーさん61点、秋山54点、バズさん49点、Yasさん37点)

猛牛が倒せない


 系統としては『犯人は踊る』に近しい感じですが、あまり考えどころがなく、ちょっと運の要素が多すぎるような……。
 念のため2回、遊びましたがちょっと面白味は感じられませんでした。

神九


(プレイ時間:7分 x 2回)
 トリックテイキング感のないトリックテイキング。タイトルから『天九』を連想していましたが『天九』感もなかったです。
 1回目はそれほどでもなかったですが、2回目の手札交換のタイミングで「ああ、ここに核があったのか!」と気づきました。検証のゲームですね。
(1回目:バズさん14点、しゅだっちさん12点、リッパーさん8点、秋山5点)
(2回目:しゅだっちさん14点、リッパーさん13点、バズさん12点、秋山8点)

犯人は踊るポーカー


 円卓Pのゲームマーケット大阪の新作。
 これは、かなり面白いですね。『犯人は踊る』を下敷きとしつつ、かなり面白い方向に舵を切っています。ゲーム自体はさておき、『犯人は踊る』から『犯人は踊るポーカー』が生まれたというデザインの妙に感心しました。
(一緒に遊んだ人:春月さん、バズさん、れなさん、秋山)

クアドラ


(インスト:3分、プレイ時間:4分)
 よち犬さんのサークルの新作、アブストラクト感のある2人用ゲーム。
 光るところはあると感じましたが、目指している方向と、デザインがやや離れているように感じました。

ネストエクスプローラ


(インスト:12分、プレイ時間:40分)
 ゲーム中に度々「このカードの効果は、どういうものなのか」であるとか「廊下カードが足りなくなったらどうするのか」と審議が入るあたり、テストプレイの回数が問われるゲームでした。でも、個人的には、プレイヤ同士で相談しながらルールを決めるのは好きな方です。
(秋山勝利、クロマさん、Yasさん、いさりびさん敗北)

ライツ


(インスト:8分、プレイ時間:10分)
 オインクゲームズさんの新作。
 これは、かなり面白いのではないでしょうか。本質的にはクニツィア『モダンアート カードゲーム』に近いところがありますが、それを、グッとシンプライズしています。さっくり終わりますし、最近のオインクゲームズさんは『海底探検』と言い、良いゲームを出しますね。
(Blueroseさん17点、Yasさん14点、秋山12点、クロマさん9点、いさりびさん-2点)

ブレーメン


(インスト:14分、プレイ時間:55分)
 相変わらず大気圏内ゲームズさんは、ドイツゲーム感のあるゲームを出されますね。
 アートワークも素敵ですし、完成度が高いです。ただ、個人的にはお仕事を強いてきたり、1位を叩くデザインは、やや食傷気味です。
(まなりゅ〜さん勝利、Blueroseさん、クロマさん、Yasさん、秋山敗北)

Kigi



 美しい。
 和の気持ちを刺激する良いゲームですね。
 広い場所が必要という課題はありますが、遊んでいて楽しいゲームです。
(Blueroseさん41点、Yasさん39点、秋山34点、いさりびさん27点、バズさん15点)

パーフェクトスティーラー


「スティールする」とは……?
 シンプルな、あるいはシンプル過ぎるデザインでした。

フラムルルイエ


 これは、よく出来た競りゲーですね。
 競りゲーは、だいたいどれも面白いのですが、メカニズム的な欠陥として「プレイヤ間で相場を共有しないと、バランスが崩れる」という問題があります。このゲームは、この問題をスマートに解決しているゲームのひとつだと感じました。よく出来ています。
(秋山6点、とにざぶろうさん-12点、げんさん-15点、あかまどうしさん-15点)

セイブザクイーン


 少し前の作品ですが、ゴマ卵さんと2人用ゲームを遊びました。
 系統としては、カナイ製作所さんが作りそうなゲームですね。前半は姫を殺すのが圧倒的に強く、ある程度、タイルがひっくり返ったらタイルを集めるのが強そうです。その、達成しやすい勝利条件の推移を見極めるところに、ゲームとしての根幹がありそうです。面白かったです。
(秋山勝利、ゴマ卵さん敗北)

ひとひら


(インスト:7分、プレイ時間:20分)
 相変わらずオリグチさんのゲームは、オッサレー! で、女の子のハートを掴みそうなアートワークでありながら、通好みのデザインですね。
 げんさんの引きが鬼のように強くて、誰も追いつけませんでした。
(げんさん57点、ゴマ卵さん34点、秋山32点、レンさん27点)

チューリップバブル


(プレイ時間:1時間20分)
 ゲームマーケット大阪では速攻で売り切れて、最近ではヤフオクで過剰に高値がついている『チューリップバブル』を遊ばせてもらいました。
 競りと株とセットコレクション。ゲーマー好みの要素がしっかりとつめ込まれ、高い完成度でデザインに落とし込まれていると感じました。面白かったです。
水無月さん131点、秋山86点、エイトさん58点、しゅだっちさん48点)

ドラゴン



 やざわさんの新作。
 ドラゴンを育てて戦うゲームかと思いきや、豆を植えてリソースを稼ぐゲームでした。ルールを間違えて、場に出ている豆カードが4枚ではなく3枚の状態で遊んでしまいました。4枚だと展開が変わるのかしら、うーん、どうかな……?
(秋山14点、シンザイさん11点、あかまどうしさん10点、タクヤさん2点)

アンドールの伝説



(星の盾 第1脅威プレイ時間:1時間40分)
(星の盾 第6脅威プレイ時間:2時間15分失敗)
 ミスボドGWの締めは『アンドールの伝説』第1拡張星の盾でした。
 仕事を終えた勇者ぺこらっとが駆け付け、勇者河原、勇者あかまどうしと共に旅に出ましたが、まさかの第6脅威こと海魔を倒せずに時間切れ……なんということでしょうか……。

終わりに

 と言うわけで、2日掛けてゲームマーケット新作を遊び尽くしました。気になっていたゲームは、ほぼほぼ遊べたので、わりと満足値は高いです。後は『サイコロのアレ』『ミネルウァ』『しまんちゅ』『ワナと魔石と魔物たち』『量子カノジョ』『中二病かるた』『アムステルダムの運河』あたりを遊べたら満足かな。