雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

小説以上に読んでませんが漫画のベスト5

 小説に引き続き、漫画の2015年ベスト5も挙げておきましょう。こちらは10冊……と言うか、10シリーズ以上を読んでなかったので、5作に絞りました。

杉基イクラナナマルサンバツ

 早押しクイズの面白さに触れ、クイズを題材とした作品が読みたくなって、1巻から10巻までを一気に買いました。『ナナマルサンバツ』クイズの勘所が、ちゃんと物語の形に落とし込まれているので「クイズって何が面白いの?」という方も分かりやすく楽しめるかと思います。

神海英雄『SOUL CATCHER(S)

SOUL CATCHER(S) 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

SOUL CATCHER(S) 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 先日、完結しましたけれど、クイズという背景を除くと、単純に漫画としていちばん面白かったのは『ソウルキャッチャーズ』ですね。9巻まで買って、そこから先は連載を追っていたので、最終巻が出たら抜けている分も含めて買おうと思います。

三部けい僕だけがいない街

 けっこう話題だったので、たしか1巻無料のタイミングで読んでみたのかな。それで、あまりの面白さに、当時の最新刊だった5巻まで一気に買ったのです。焦らされるのが苦手なので、もう少し溜まったら、また一気に読み進める予定。

友吉『Good Game』

Good Game (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

Good Game (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 プロゲーマーを題材とした漫画。2巻で打ち切りの憂き目に合っているのが、とても切ない。こういう世界って、ちょっと憧れますよね。

久部緑郎『ラーメン発見伝

ラーメン発見伝(3) (ビッグコミックス)

ラーメン発見伝(3) (ビッグコミックス)

 Twitterでハゲのおっさんが「ヤツらはラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ!」と言っているのを見かけて、気になって3巻まで読んでみました。いい漫画ですね。ラーメン漫画でありながら、ビジネス漫画でもあり、読みどころが多いです。このハゲの芹沢が、かなり良いキャラなんですよ。

終わりに

 と言うわけで、ベスト5でした。今年は、もう少し読みたいですね。