雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

エッセンに行くついでにヨーロッパ周遊しました(9日目)

 エッセンシュピールもついに最終日です。

 早朝、歩いていたらジャパニーズゲームズさんで『NARUTO Shippuden』のプロモ版でしょうか、巨大なバージョンが遊ばれていました。

 メガセット。気づいたら半額になっていました。

『ウルム』手持ちのタイルをスライドさせ、見えているタイルの分だけアクションを行って、お金を稼いだり、ドナウ川を下ったり、カードを獲得しながら勝利点を集めるゲームです。

 ボードゲームのアクセサリショップということで、様々な形状のダイスタワーが売られています。

 貴重なボードゲームのコレクションを展示しているブース、その1。

 その2。

 その3。

 その4。

 BGGのブースでは、ヤポンブランドの健部さんとシモンさんが様々な日本のゲームを、エリックに紹介していました。

 こちらはカルカソンヌ世界選手権の様子。日本代表は京都からお越しの月形さん。奮戦されました。

 カレイドスの巨大なバージョンがあったので思わずパチリ。

 絡まりあったスパゲッティをつまみ上げるというアクション系のゲーム『スパゲッティ』のプロモ版とインストしてくださったお姉さん。隣にコックに扮したデザイナがいらっしゃったので思わず買ってしまい、サインをねだってしまいました。

 喉が渇いたので。

 ハンスのブースでは、何やら貴重そうなカルカソンヌが置かれていました。

 これは……ピクテル!

 クイーンの新作『グラックス』が面白そうだなあと思っていたら、ちょうど4Gamerのライター徳岡さんが通りがかったので「一緒に試遊しませんか?」と話しかけて遊びました。
 あまり売れる気はしませんが、抜群に面白かったですね。買おうか悩んだのですが、大箱だったので躊躇してしまいました。

 クイーンのブースでは、安売りも始まっていました。『エスケープ ゾンビシティ』が15ユーロは安いと思いましたが、やはり大箱なので……。

 いったん帰宅して戦利品を広げたところです。
 この日は、メビウスゲームズの能勢さんが、月形さんを囲む会を開きましょうと仰られていたので、軽く休憩してからいそいそと外出します。

 まずは一杯目。

 同席した大阪のハイライフさんが、おもむろに買ったゲーム自慢を始めまして、これは、そのひとつ……のYouTubeにあった宣伝動画。かなり出来が良くて、買えば良かったと後悔。
 シュピール会場は、ほんとうに広く、見落としも多いので、参加者同士で情報交換するなら3日目までに済ませないと駄目ですね。

 シンプルにステーキを頼んでみたら、広いお皿に、無骨な肉の塊がドドンと置いてありました。インパクトありますね。

 デザートはオススメセットのコンビネーションというのにしたら、こんな感じでした。

 お手洗いに行く途中に置いてあった煙草の自販機。オサレ感あります。

 夕食後は、能勢さんのホテルに招かれてけがわさんと3人で『グラックス』をプレイ。ほんとうに良いゲームです。
 と言うわけで、旅の目的であったエッセンシュピールは、これにておしまい。来年も行くかどうかは悩みどころですが、楽しい時間でした。