雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ゲームマーケット2016秋に行ってきましたよ

 どうも、秋山です。
 東京ビッグサイトに新設された東7と東8ホールを使って開催された、アナログゲームイベントのゲームマーケット2016秋に参加してきました。
 前日がミスボド蒲田の開催だったこともあり、朝7時に起きるはずが、ぜんぜん起きられなくて、ゆるゆるとした参加でした。

午前中

 ゲームマーケットに参加するときは、いつも「どこまで見つからずにいられるか」というひとり遊びをしているのですが、今年は国際展示場駅で電車を降りて、エスカレーターに乗ったところで、シダマさんに「秋山氏、発見」と声を掛けられて終わりました。
 改札を出る前に遊びが終わったのは初めてです。来年は、もう少しがんばります。

ゲームマーケット大賞授賞式

 12時からはゲームマーケット大賞の授賞式が執り行われました。
 式の様子は風船さんが生放送で流し、保存されたものも公開されています。以下よりご覧いただけます。尚、式において、秋山が最も活躍したのは、17:05あたり。草場さんがくす玉を引いて、大賞受賞作を発表すると同時に、画面右下でクラッカーが鳴っていますが、これを担当したのが秋山です。我ながら完璧です。

リアル謎解きボードゲーム 小謎いっぱい福袋

 雲上四季を読んでくださっている皆さまはご存知かと思いますが、最近、リアル謎解きゲームにはまっています。ミスボドによくお越しいただける方と一緒に脱出したり、謎解きすることも多いのですが、今回、ぺこらさんと『リアル謎解きボードゲーム 小謎いっぱい福袋』というゲームを作りました。

リアル謎解きボードゲームという提案。
制限時間はわずか15分。
すべての謎を解き明かし、最後の問題に答えよ!

http://mysboardgames.wixsite.com/index

 作ったと言っても、秋山がやったのは紙を切ったり、プリンタを貸したりみたいなおおよそ雑用ですが……。
 で、そのゲームを、打算とも名誉とも無縁なものの、遠野夜明さんに委託販売をお願いしたのですが、どうやら20分で完売した様子です。お買い求めいただいた方に厚く御礼申し上げます。


リアルRPG ANALOG FANTASY


 ゲームマーケット初の試みとして、リアルゲームクリエイター団体Snakeholdersさんが『リアルRPG ANALOG FANTASY』を企画していたのですが、これに参加しました。
 いわゆるテーブル上で、各プレイヤが剣士や魔法使いになりきって遊ぶのがTRPGであるならば、リアルRPGは実際に会場を歩き回って、モンスターを倒したり、武器や魔法を強化するゲームです。秋山は魔導師となり、主にパーティを支援したり、攻撃魔法で攻撃役を担いました。会場内には随所に張り紙があり、言ってみれば村人に話しかけて情報を得る感じでしょうか、次に戦うモンスターの弱点を聞いたりすることもできました。
 ゲームのポイントとしては、いわゆるステイタスの割り振りと役割分担に重きが置かれていて、限られたリソースを誰に、どのように分担して、パーティ全体で強大なモンスターを倒すのにはどうしたらいいか? を模索する感じでした。
 ダイス目に恵まれず、ラスボスにおいて1回だけコンティニューしましたが、なんとか2回目の挑戦でラスボスを倒すことができました。所要時間は1時間40分ほどでした。

リアル謎解きゲーム


 リアルRPGを終えた後は、よだかのレコードさん企画の『リアル謎解きゲーム ゲームマーケット人狼を遊ぼうと思っていたのですが、ミスボド謎解き部のメンバーと受付に向かったら、ちょうどスタッフの方がホワイトボードに「完売」と書いているところで、どうやら間一髪のところで間に合わなかった様子です。
 よだかのレコードさんは、自分たちの作品を「ドラマチック謎解き」と称しており、ストーリー性が豊かなところがポイントなので、とても期待していたのですが、遊べなくて心から残念です……リアルRPGのラスボスを1発で倒せていたらと思うと悔いが残ります……。

能登ごいた保存会 東京支部

 失意のまま、能登ごいた保存会 東京支部のブースへ行き、東京支部員のひとりとして、お手伝いすることにします。
 三度の飯よりインストが好きなので「ごいた初めてです」という方と、ごいたが遊べたのは、とても楽しかったですね。しかし、さすがに初めてや数回やった程度の方には負けないので、圧勝しそうになってしまい「うーむ、このまま一方的に勝ってしまうのは申し訳ない。なんとか勝ってもらいたいけれど、かと言って手を抜くのもなあ」と思いながら手なりでやっていたら、うっかり王で切るべき場面を見逃して40点ほど取られてしまいました。「ま、いっか〜」と思った瞬間、いつの間にか背後にいた東京支部の大内さんと、松本ごいた部の監査官さんに「秋山くん、何やってるの! 切らなきゃ!」と言われて、てへぺろという感じでした。ま、いいんですよ。本気を出すのは大会だけで。

閉会

 そんなこんなで気がついたら、残り時間も15分ほどになっていて、慌てて会場内を早歩きで回りながら買い物をしました。閉会後にほらボド! のmomiさんや、ハッピーゲームズRYOさんの動画撮影にコメントしたりして、ゲームマーケット2016秋は終わりました。
 終了後、少しぼんやりしていたのですが、よだかのレコードさんの謎解きができなかったこと、全ブースを歩き回れなかったこと、まったく試遊できなかったこと(彼葉さん、ごめんなさい!)に対し、自分自身へ軽く怒りを覚えるほどに残念に思えてきました。
 早起きして、列に並んで、朝一から入らなかった自分が悪いわけですが、朝10時に入場したとしても全工程を滞りなく完遂できたかどうか自信がありません。4日連続開催のエッセンのように、ゲームマーケットも早く開催日が増えると良いですね。
 と言うわけで、最後に買ったり貰ったりしたもののご紹介。がつがつ遊んだり読んだりしていきます。