雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

エッセンに行くついでにヨーロッパ周遊しました(14日目)

 2週間にわたったヨーロッパ旅行も、ついに最終日です。

 前日のカルカソンヌに引き続き、この日もホテルのバイキングで朝ごはんを食べることに。若干、高いかなとも思ったのですが、野菜やヨーグルトが食べられるのが貴重なんですよね。

 ホテルをチェックアウトした後は、ダリ美術館に行きました。ダリと言えば、ぐにゃ〜んとした時計が有名ですが、ここは初期の作品から末期の作品まで幅広く揃っていて、ちょっとダリに対する見方が変わりました。

 美術館を堪能した後は、けがわさんと別れ、バスに乗ってバルセロナ空港へと向かいます。けがわさんはバスに乗る直前までついてきてくださいました。

 ひとりになるとグラブルを遊ぶ時間が充分に取れて良いですね。小腹が減っていたのですが、マクドナルドくらいしかなくて、どうしようか悩んだのですが見送りました。どうせ、飛行機に乗ったら何度も提供されるし……と。

 と言うわけで、これに乗って、まずはドバイへ向かいます。

 何はともあれまずはビールですよ。

 機内食はカレーにしてみました。辛いものが苦手なので、普段、外でカレーを食べることはしないのですが、せっかくなので。

 約2週間ぶりに戻ってきましたドバイです。相変わらずバブリーな雰囲気が漂っています。

 ドバイから成田への飛行機。ここらへんから日本人が一気に増えて、なんだか憂鬱な気分になります。もっと英語で会話したり、ソーセージを食べたり、ビールを飲んだり、いろんなところを見て回りたかったなという気分になります。

 機内食その2。

 機内食その3……と同時に、今回の旅において撮影した最後の写真です。
 ほんとうは、もっといろいろ書こうと思っていたのですが、帰国してすぐに日常に戻ることになり、慌ただしく日々を過ごしているうちに、どんどん記憶が風化してしまってかなしいです。でも、けっこう写真を多めに撮ったので、これらを見返すと意外に思い出せるものですね。しばらく長期休暇は難しいですが、来年も都合をつけてエッセンには行きたいですね。
 ありがとうございました。