雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

「陰陽遣い」を遊びました

 かじかじワークスさんのゲームマーケット2017神戸の新作『陰陽遣い』を遊びました。
f:id:sinden:20170427151214j:plain
 一言で済ませてしまうと『カタンの開拓者たち』に特殊能力を加えたイメージでしょうか。


 碁盤の目のように並んだ京都の町並みに陰陽師を配していって、ダイスの目に応じた場所に応じて妖怪が現れ、その場所に陰陽師がいれば退治した扱いとなり収入が得られます。
 収入は、そのまま勝利点として確保しておいてもよいですし、消費することで出目を操作する能力や、特定の数が出たときに得られる収入を倍加することができます。
 遊びはじめる前は、若干の不安もあったのですが、結果としては、非常に楽しめました。


『カタンの開拓者たち』はそんなにやりこんでいるわけではありませんが、個人的な印象としては、最初の配置が、ゲームの半分くらいを占めていて、残り半分は、最初の選択が正しかったかどうかの検証及び交渉かなという印象です。
『陰陽遣い』の場合は、拡大再生産の要素が含まれているので、最初の選択を少し誤っても、逆転の目があるのが良いですね。
 ただ、その一方で、最初から、どのカードをどの順番で買うかまで考えて、織り込み済みで陰陽師を配置した場合、上手く決まれば圧倒的大差で勝ってしまうケースもあるはずです。


 ガチに遊んでもいいですし、ライトに遊んでもいいですし、陰陽師と妖怪退治という和風なテーマも良い感じでオススメです。