雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

君は忘れられた実験室から脱出してもいいし、脱出しなくてもいい

f:id:sinden:20170630190918j:plain
 道玄坂ヒミツキチラボが開設当初の開催された『忘れられた実験室からの脱出』の、夏のラボフェス2017として再演されたバージョンの感想です。謎に対するネタバレはしないよう注意していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

ここは、廃墟と化した、とある実験室。
かつてマッド博士という、異常な頭脳の持ち主が
この世のすべてを解明するため、日々実験を繰り返していた場所だ。
彼の部下であったあなたは、残された文献からこの実験室の存在を知った。
地図にも歴史にも記載されていない、人々から忘れ去られた存在だった。
恐る恐るドアをあけると、そこには一体のアンドロイドがいた。
そっと手を伸ばして触れた瞬間


「侵入者発見。侵入者発見。実験室を包囲しました。」


警報とともに、あなたはこの実験室に閉じ込められてしまった。
誰からも忘れ去られた実験室、もちろん電話も繋がらない。
そこにあるのは、マッド博士が残したであろう不可解な暗号と
一体のアンドロイドのみ...
さて、あなたはこの忘れられた実験室の謎をすべて解き明かし
ここから脱出することが出来るのだろうか?

http://realdgame.jp/ajito/lab/2017/04/laboratory17.html

結果

 マッド博士に心酔していた秋山は、マッド博士が残した暗号に囲まれて一生を終えるのであれば、それはそれで一興であろうと思っていましたが、実験室は長らく掃除されておらず、埃っぽかったので手っ取り早く謎を解くことにしました*1

脱出率(秋山が参加した回)

 挑戦数:12組
 脱出成功:9組(脱出率75%)

閉じ込められる前

 かつてパズルガールズを擁していて、実験的なリアル脱出ゲームを数多く企画しているラボの、最初の作品ってことは、かなり期待できそう! なんか泣けそうだし!!
 と言う感じで、期待値、高めの公演でした。
 当日、夕食を終えて道玄坂ヒミツキチラボに行ってみると、珍しいことに開場が遅れていました。しばらく階段に並んで待っていると、白衣を着たスタッフの方が出てこられて*2


「4名様ですか? そうしましたら、扉を引いて入ってください」


 と、ひと組ずつ順番に通し始めました。
 手間は掛かりますけれど、ホスピタリティの高さを感じる対応ですね。

閉じ込められてから

「うおっ、ビビったぁ……」


「ほうほう、なるほど……意外に難しいですね」


「出来た! 次は、これか……」


「え? ここからどうすればいいの?」


「え? え? もしかして、マジで? そんなことさせるの? え~っ!」


「どうします?」


「やっちゃいますか!」


「あれ? え? え?」


「え? うそ、もしかして……」


「うぉー! うおおおおお!!」

脱出を終えて

 いや、超感動でしたわ。
 公演中もそうでしたけれど、何と言ってもエンディングがですね、良いんですよ(語彙力失踪)。
 司会の四條美紗子さんが、軽くしつこいくらいに「物語」というキーワードを連呼していましたが、ほんとうにストーリー要素の強い公演でした。
 チーム毎に、異なる展開を追い、異なるエンディングに辿り着いていて、チームの数だけ「物語」がある、ほんとうに切なくて、胸が苦しくなる、素敵な公演でした。今までに体験してきた公演の中では、五本の指に入るレベルで好みですね。良いです。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★★
探索 ★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★★★
アンドロイド度 ★★★★★

*1:平たく言うと脱出成功

*2:関係ないですけれど、白衣女子って素敵ですよね。