雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

君は取篭メラレシ姫ノ呼声に導かれ、電脳九龍城から脱出してもいいし、脱出しなくてもいい

f:id:sinden:20170701184227j:plain
 川崎にある、かつて香港にあった九龍城をモチーフとしたゲームセンター、ウェアハウスにて開催されている周遊型リアル謎解きゲーム『電脳九龍城からの脱出2 取篭メラレシ姫ノ呼声』の感想です。謎に対するネタバレはしないよう注意していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

 貴方は見知らぬ場所にいた。
 先程までゲームセンターで遊んでいたはずなのに、
 此処は何処だろう。


「電脳九龍城へようこそ!」
 部屋の天井に設置されたスピーカーから声が聞こえる。

「君は、どんなゲームもクリアできる
 プロゲーマーだと自称しているそうだな。
 そしてもう普通のゲームには飽きているとも。
 そんな君のために1つ、新しいゲームを用意した。
 この電脳九龍城に取篭められた姫を
 救出して脱出できるかのゲームだ。
 制限時間は90分、
 君は生きてこの城を出ることができるかな……?」

制限時間以内に全ての謎を解き明かし、
電脳九龍城から脱出しろ!

http://warehousenet.jp/kowloon2/

結果

 別にプロゲーマーだなんて名乗っていないし、ふつうのゲームにも飽きていないのに、えらい事態に巻き込まれてしまい、まったくもって困りました。と言うか、ゲームセンターに囚われるのなら、毎日、遊んで暮らせるので、それはそれで良いな! と思ったけれど、渡された爆弾が90分後に爆発すると言うので仕方なく脱出することにしました*1

脱出率

 不明。

閉じ込められる前

f:id:sinden:20170701165504j:plain
 前作『電脳九龍城からの脱出』は、今までに体験した周遊の中でも、五本の指に入るくらい気に入っているものだったので、はじめから期待値が高かったです。
 さらに周遊なのに、90分という制限時間がついているのも珍しく「よし! がんばろう!!」と公演型と同じくらいのテンションで挑みました。

閉じ込められてから

「まあ、最初は、さくさくですよねー」
 リアル謎解きゲームに初挑戦という方ならば戸惑うかもしれませんが、さすがに序盤は、たいしたことはありません。指示された場所に行き、掲示物を見れば「なるほど、そういうことね」と瞬殺できました。
 前作と異なり、1階から5階までを何度も何度も昇り降りする必要はなく、ひとつひとつのステージは、その階で完結するように作られており、まずは受付のある4階で謎を解いて、それが終わったら次の階、それが終わったら次の階と、スムーズな導線でした。
 途中、喫煙ありのスペースに踏み入れなければならないので、嫌煙家の方はしんどいでしょうが、さくっと移動して、さくっと掲示物を撮影するなり、箱を開けるなりして、さっと離脱すれば、まあ、大丈夫ではないかと。


 終盤に至り、ちょっと詰まり、
「やばい、このままだと間に合わない!?」
 となり、慌てて4階の受付に戻り、受付脇に置かれていたヒントを確認します。


「……あ、なるほどね~!」


 親切設計です。
 すぐに分かりました。
 後は、念のため確認して。
 それから90分の制限時間が来るギリギリまで、5階のダーツスペースで検討を繰り返して「ま、これで提出しよう」と決断し、受付に戻りました。

脱出を終えて

 ひとりで脱出成功でした。
 前作同様、ネットカフェの30分無料券や、コインゲームやクレーンゲームの無料券を貰ったので、まずは、飲み物でも飲もうとネットカフェに行きます。受付を済ませ『進撃の巨人』の最新話を読みながら、軽く反省会。
 その後は、コインゲームをダラダラと遊んでから、クレーンゲームでお土産を貰って帰りました。結果的に3時間くらいいたのかな。入店する頃には、明るかったのに、出る頃には真っ暗でした。
f:id:sinden:20170701200612j:plain

要素 5段階評価
オススメ ★★★★★
探索 ★★★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★★
ゲームセンター度 ★★★★★

*1:平たく言うと脱出成功