雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

君はミハルよんの目をかいくぐり、おもちゃ工場から脱出してもいいし、しなくてもいい

f:id:sinden:20170611121231j:plain
 代表自らがキャストとして茶番に全力でつきあってくれるメルエの新作『おもちゃ工場からの脱出 ー監視員ロボ「ミハるよん」の覚醒ー』の感想です。謎に対するネタバレはしないよう注意していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

世界一の玩具メーカー「メルエ社」が誇るおもちゃ工場では魔法の様なおもちゃの数々が作られている。
しかしその開発の裏側には違法取引や人体実験が行われているという黒い噂が絶えない。
あなたは潜入捜査官。60分以内におもちゃ工場の秘密を解き明かし
最大の関門である監視員ロボを突破して無事に脱出することができるのだろうか。

http://www.realnazotoki.com/toyfactory.html

結果

 やっべー! おもちゃ工場めっちゃ楽しーわ! これ、一生、遊んで暮らせるな!! え? 違法取引? 人体実験? いいよいいよ、そんなの気にしないで遊ぼうぜ! え? 駄目、仕方がないなあ! 謎解くよ! 解けばいいんでしょ!!*1

脱出率

 不明。

閉じ込められる前

 メルエの公演は、ナゾガクで『ナゾジン研究所殲滅作戦』と、打ち上げ代わりに遊んだ『ルーコルア城からの脱出』だけ経験していましたが、意外な硬派な謎を解いてもいいし、解かなくてもいい、なんなら謎は他のひとに任せて、ずっと茶番に興じていても良い、みたいなゆるい感じです。
 多分、好きな団体を5つ挙げてと言われたら挙げます。
 3つでも挙げます。
 そのうち、ハシゴして全制覇したいなと思っていたのですが、偶然、知り合ったしろくまさんが、この公演に謎制作で関わってると聞いて「それなら、公演終了してしまう前に行っておかないとな!」と思いたち、意気揚々と参加することにしました。

閉じ込められてから

 閉じ込められてからと言うか、まず、始まらないんですよねー。
 前説の最中から、ボールを投げたり、代表にぶつかっていったり、その度に前説や諸注意が中断されてしまうから始まらないこと、始まらないこと。
 いざ、始まった後も、
「いえーい!」
 と遊んでいたりして、5分くらいして「えっ、もしかして、まだ最初のステップも終わってない??」と驚きました。
「さすがに、やばいっしょー」
 で、着手しても、メルエさんの謎って、意外に歯応えがあるんですよねえ。ヒントボタンをがんがん押しながら、もう導かれるままに答え、導かれるままに体当たり。
 ははは。
 こうして書くと、もう全然、謎解きの感じではないんですけれど、メルエさんのリアル謎解きゲームって、そうなんですよ。解きたいひとは解けばいい、茶番したいひとは茶番すればいい。
 と言うわけで、概ね、おもちゃで遊び、ときどき、ほんとーっにときどき、謎を解きました。

脱出を終えて

 完全成功でした!
 いえーい! みんなありがとう!(ハイタッチ)
 終了後はワンドリンクサービスがつくのでオレンジジュースを所望しまいましたが、一気飲みでした。
 で、その後は謎解説タイム。
「あの、すみません、全部、解説して貰えませんか?」
 さすがに恐縮しながらお願いします。ほら、せっかく謎解きに行ったからには、やっぱり、ちゃんと用意されていた謎を、聞きはしたいじゃないですか。こちらの無理なお願いにも真摯に丁寧に、そして全力で答えてくれる代表に感謝感謝です!

要素 5段階評価
オススメ ★★★★
探索 ★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★★
茶番度 ★★★★★

*1:平たく言うと脱出成功