雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第4回ブルームーン・レジェンド日本選手権において3位でした

f:id:sinden:20170716113401j:plain
 ホビージャパンゲームフェスティバル2017内のイベントにて開催され、第4回ブルームーン・レジェンド日本選手権において、3位となりました。
 昨年は7位だったので4位分、上がったことになります。

昨年のレポート

www.unjyou.com

とは言え、

 3位と言うときこえはいいですが、ざっくりネタバラシしてしまいますと、なんと参加者が、僅か4名でした!
 伊東さん、カズマさん、じゅんこさん、そして秋山の4名なので、完全に喫茶マーブルの月の会主要メンバーです。と言うか、会場が大井町で良かったんじゃないかってくらいです。もう、ほんとね……。

予選

f:id:sinden:20170716122300j:plain
 1回戦は伊東さんと。デッキはキンド対アクア。2点差で負けましたが、中盤、ワンチャンあったんじゃないかなあ、と。キンドのとき、惜しまずにサポートカードをどんどん使っていれば封殺できていたので、惜しまれます。
f:id:sinden:20170716132326j:plain
 2回戦はじゅんこさんと、テラ対ピラー。先の戦いと異なり、事故ることもなく、しかし、かと言って楽に勝てたわけでもなく辛勝でした。
f:id:sinden:20170716150615j:plain
 3回戦はカズマさんと。ヴァルカ対ミミックス。これは、もう如実にブルームーン力の差が出ましたね。カズマさん、けっこう本気でカウントしながら進められるので、終盤の寄せ感が半端なくて「こうしたら、そう、そのカードを出しますよね。で、次は、それ、はい、そうですよね」もう完全に読まれてる感が強いです。でも、秋山は全然、気づきませんでしたが1戦目にプレイミスがあったらしく勝ちを譲ってもらい、2戦目は秋山のカードの効果の読み落としでプレイミスがあり負けてしまったのですが、ここでも、一応、ワンチャンはありました。
 ワンチャンと言いましたが、多分、これって、そう見えるだけなんですよねえ。実際には、伊東さんもカズマさんも、時間をかけてていらっしゃるので、涙ぐましい努力が壁となってあるはずです。

3位決定戦

f:id:sinden:20170716155304j:plain
 と言うわけで、決勝戦を始めた伊東さんとカズマさんを背後に、じゅんこさんと3位決定戦へ。あまり深いことを考えずにホークスを選び、じゅんこさんはテラを選ばれましたが、正直、予選のときよりも苦戦しました。
 あ、負けるかなー。日本4位になっちゃうかなー、と思いましたが、なんとか苦しいところを切り抜けて、一筋の光を掴むことができた感じ。救われました。

休憩

f:id:sinden:20170716162250j:plain
 3位が決まったところで振り返ると、決勝戦は延長戦に突入していたので、レフェリーのけがわさんより「待ってる間、ロストシティ遊びますか?」と誘われ、じゅんこさんは『ロストシティ』を遊んだことがないということで遊ぶことに。
『ロストシティ』はけっこう好みのゲームです。2人用ゲームで好きなゲームは? と言われたら五本の指……には入らないかもだけれど、ベストテンには入れることでしょう。
 今回は、観戦されていたぽっつさんとショウさんをお誘いし、4人でペア戦。『ロストシティ』のペア戦は初めてです。
 昇順、手札8枚、山札枯れでゲーム終了は同じですが、対角線上に座ったプレイヤが相方となり、手番アクションに「相方にカードを2枚渡す*1」が加わっているのが特徴です。これは面白いですね。初手にハンドシェイクを渡すのが強力だと感じました。後、たとえば4・5・6と連番を持っているときに、4と6を渡してあげて、自分は5を出すというのが良いなと感じました。

結果


『ロストシティ』の最中に、伊東さんとカズマさんの戦いに決着がつきました。
 伊東さんが勝利ということで、チャンピオン3連覇です。おめでとうございます。優勝者には、いつもの賞品としてブルームーンのビールが贈られました。
f:id:sinden:20170716162706j:plain
 今年は参加者が少なかったこともあり、伊東さんからご厚意で、参加者全員にわけられていらっしゃって、秋山も写真に写ってる2本をいただきました。

終わりに

『ブルームーン』は、ほんとうに面白いゲームで、2人用ゲームで好きなゲームは? と言われたら五本の指に入れるゲームです。正直、昨年の日本選手権に対し14名くらいで少ないと感じていたくらいなので、今年は4名になっていて衝撃を禁じえません。
 少し人口を増やすことに貢献したいので、たとえば月一とか隔月とかで、『ブルームーン』を遊ぶ会を企画したり、あるいはミスボドの受付脇にブルームーンを常備して、体験卓を立て続けたりしたいのですが、これ以上、自分自身のタスクを増やしたら、色々と成り立たなくなる気がするんですよねえ……。
 あー、でも、やりたいですねー……。
 実は『ブルームーン』2セット持ってるんですよ。同種族対決が出来るように。そんなに好きなのに、なんでやってないのか、我ながら謎ですよ。まあ、ちょっと、考えてみますか。何か、やりましょう。やりますよ!

ライナー・クニツィアのブルームーン・レジェンド 日本語版

ライナー・クニツィアのブルームーン・レジェンド 日本語版

*1:手札が6枚以下のときにこのアクションは取れない