雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

「ボブジテン」を遊びました

f:id:sinden:20170704123355j:plain
 いやー、これは面白いですわ。
 TUKAPONさんのゲームマーケット2017春の新作『ボブジテン』を遊びました。
 お題として指示された言葉を、ある制限を課された状況で説明し、他のプレイヤに当ててもらうコミュニケーション系のゲームです。
 この、ある制限というのが、とても秀逸なんです。
 それは、カタカナを使ってはいけない、です。


「カタカナを使わずにお題の言葉を説明する? それのどこが難しいのー?」


 そう思われるかもしれませんが、このゲームにおけるお題となるキーワードは、すべてカタカナ語、なのです。
 たとえば「ゴルフ」という言葉を説明するのに「クラブ」も「ボール」も使えないのは、けっこうしんどいですよ。


「えーと、あの、先端が膨らんでいる棒状の、えー、棒状の物を持って、足元の丸い物体にぶつけて、草原にぽっかり空いている穴に入れるゲームです……あ」


「はい、ゲームってカタカナ語を使ったー、アウトー」


「しまったー、つい、うっかり!!」


 こんな感じです。
 けっこう難しいんですよ。


f:id:sinden:20170704122237j:plain


 後、時おりお邪魔キャラとしてトニーが登場するのですが、トニーがいる場面では、てにをはが使えなくなります。そうなると、


「男性、腰、巻く、革、下履き、ずり落ちない、金具、止める」


 みたいな片言で説明することになって、いよいよ面白いです。
 ゲームとしては、ありそうでなかったように思います。
 カタカナ語をカタカナを使わずに説明する、言ってみれば、ただそれだけのコミュニケーションゲームなのですが、実際に遊んでみると異様に面白いんですよね。日頃、いかに我々がカタカナを無意識に用いているかを自覚します。