雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

「正直うさぎの行進」を遊びました

f:id:sinden:20170704115611j:plain
 ぺそゲームスさんのゲームマーケット2017春の新作『正直うさぎの行進』を遊びました。
 数字が同じ、色が同じ、連番になっている。
 いずれかの役を作って4枚1組を作ることができればポイントゲットです。面白いのは、自分のちからで揃えることができるのは3枚までで、4枚目は他のプレイヤから貰わなければならない、と言うところです。


 途中までは、けっこうWinWinの関係性を築くことができます。
 4枚1組の役を作ることに成功したプレイヤだけでなく、その4枚目を提供したプレイヤも点数が得られるからです。


f:id:sinden:20170704115258j:plain


「青3枚! リーチ!!」


「あ、私、青持ってますよ」


「俺も! 俺も!」


 けっこう順調に進みます、途中までは。
 そう、ゲーム終盤に至ると、睨み合いの展開に陥るのです。
 今回は全員、示し合わせたかのように、誰が成功しても2人同時にクリアする、という状況に陥って、最終的に2人同時ゴールとなりました。
 たとえばカードを提供した方が、先に点数を獲得する。などのルールがあったら、また、ちょっと違った展開になっていたかもしれません。
 お手軽にブラフを楽しめるシンプルで良いゲームです。
f:id:sinden:20170704115539j:plain