雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

20min.リアル脱出ゲーム「ある実験室からの脱出」に失敗しました

f:id:sinden:20170730113441j:plain
 かつて開催された20分で遊べるリアル脱出ゲームのひとつ『ある実験室からの脱出』が渋谷ラボで再演されたので、その感想です。謎に対するネタバレはしないよう注意していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

今この世は大変なピンチを迎えている。
巨大な悪の組織レッド・ピカデリー軍が開発したウイルスが世界中の人々を苦しめ「対ウイルスワクチン」がないと、このまま世界は滅亡してしまう。


あなたたちは、そんな世界を救うべくレッド・ピカデリー軍の実験室に忍び込んだ探偵団。
もちろん狙いは、彼らが持っている「対ウイルスワクチン」だ。


残された時間はあと僅か。1秒足りとも無駄には出来ない。
しかし、実験室に忍び込んだその瞬間セキュリティシステムが発動し、あなたは閉じ込められてしまった。


ここから脱出する方法はたったひとつ。
すべての謎や暗号を解き明かし、セキュリティを打ち破ること。
無事生きて脱出し、ワクチンで世界を救うことは出来るだろうか?

http://realdgame.jp/event/20min_revival_lab.html

結果

「え、何? もう世界ピンチなの? え、もう、レッド・ピカデリー軍の実験室に忍び込めたの? え、もう、対ウィルスワクチン見つけたの? 後は、脱出するだけ? いやー、もしこの冒険が、仮に60分で表現できるならば、40分は頑張ったってことでしょ? 後の20分くらい休ませてよー」*1

脱出率(秋山が参加した頃)

f:id:sinden:20170730122732j:plain
 挑戦数:148組
 脱出成功:57組(脱出率38%)

閉じ込められる前

「あ、どうもー、こんにちはー。今日は、よろしくお願いします」


「けっこう、脱出されてるんですか?」


「はい、まあ、そこそこ」


「私達、今日が5回目なんですが、まだ1度も脱出できてなくて」


「じゃあ、今日は頑張って脱出しましょう!」

閉じ込められてから

「急げ、急げー!」


「あ、やっぱり、これ使いましたね」


「で、これか。はいはい予想通りですね」


「んーっと、これは、え??」


 イメージとしては、60分公演における、前半40分にある小謎や探索をがっつり省いて、いきなり中謎から始まる感じですかね。
 難易度は高めで、ひとつでも詰まった瞬間に「あ、無理かも」という気持ちが頭を過ぎります。


「あ、出来ました!」


「よっしゃー、次、行きましょう、次!」


「……で? どうするの、これ?」


「はあ、どうするんですかねえ……」

脱出を終えて

 久々の失敗です。
 ちょーっと、時間が足りなかったですね。言い訳ですけど。
 どちらかと言うと、秋山担当系で足元を掬われてしまったので、謎解きを他の方に任せて、いつも通り空いた時間を使って、あれやこれや試していられれば突破できたかもしれませんが、うーん、こればっかりは仕方ありません。
 ワンチャンあったので、それ故に残念ですし、同卓した方に初脱出を差し上げたかった気持ちもあります。
 ま、脱出できるときもあれば、できないときもある。
 それが脱出ですよ。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★
探索
物量 ★★★
ストーリー ★★
大急ぎ度 ★★★★★

*1:平たく言うと脱出失敗