雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

老舗骨董品の跡継ぎとなるのは誰か『Liar Shop』を遊びました

f:id:sinden:20170604174908j:plain
 Qpicさんのゲームマーケット2017春の新作『Liar Shop』を遊びました。
 パッケージのアートワークが可愛らしい、2人用ブラフゲームです。
 プレイヤは、それぞれ同じ編成のカードを持ち、商品に対して適切と考えられる値付けを行い、相手プレイヤはその価格に対して素直に買い取るかどうかを挑みます。


 遊んでいて「ゲームとは何か?」という哲学的な問いを自らに投げかけそうになりました。
 基本的には、引き運によるところが大きいように感じました。値の大きいカードを引くことができれば、ノーリスクで高値を突きつけることができるので、嘘をつく必要なく、大金を巻き上げることができます。
 一方、引いても引いても弱いカードばかりでは、嘘をつかざるをえないので、ジリ貧になるのではないでしょうか。


 バースト系のゲームにも、よく見られるこの手のゲームの構造的な欠陥ですよね。
 勝っているプレイヤはリードしている分を、意地すればいいので、危険を犯す必要はないですが、負けているプレイヤは巻き返すために、多少のリスクは負っていかなければなりません。
 あまり深いことは考えず、可愛らしいアートワークとコンポーネントを楽しみつつ、ゆるゆるとブラフを言い合って楽しむくらいがちょうど良いかと感じました。