雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ブラック・ジャック謎ファイル『エレベーター緊急脱出』を遊びました

f:id:sinden:20170820162950j:plain
 よだかのレコードさんのブラック・ジャック×ドラマチック謎解きゲーム『脱走者緊急手術』に合わせて作られた持ち帰り謎『エレベーター緊急脱出』を遊びました。
 ストーリーは、とあるビルの、とあるエレベーターに乗っていたら、いきなり止まってしまい、ブラック・ジャックと共に閉じ込められてしまったというもの。
 いや、ブラック・ジャックと一緒だったら、全然ありでしょう! 謎なんて解かずに、ずっとブラック・ジャックにいるよ! と心の中では思いましたが、そういうのは脇に置いておいて解くことにしました。


 よだかのレコードらしい初めて見るタイプの謎がありつつ、基本的には持ち帰り謎によく見られる、一度使った謎を使い直したり、折ったり、重ねたり、手を変え品を変え的な謎解きでした。


 持ち帰り謎が好きで、いろんな団体の、いろんな持ち帰り謎を遊ぶのですが、概して60分公演よりも難しい謎が多いように感じています。


「持ち帰り謎は、無限に時間が使えるから難しくしてもいいよね!」


 みたいな感覚が作り手にあるのでしょうか。
 結果、さっぱり解けずにヒントサイトを見ることが多々あります。
 今回も途中から難しくなるんだろうなと予想していましたが、あにはからんや最後までノーヒントで解くことができました。むしろ驚きました。でも嬉しいものですね、ノーヒントクリアは。


『脱走者緊急手術』にあった、慌ただしさはありませんでしたが、落ち着いてさっくりと楽しめる完成度の高い持ち帰り謎でした。

ちなみに

f:id:sinden:20170820163017j:plain
 公演があまりに良かったので、缶バッジのコンプリートセットも買いました。
 単体で買うと1個300円でガチャガチャできるのに、コンプリートセットだと2000円と言うのは、いかがなものかと思い、物販コーナーにいらっしゃった栗原さんに、
「台紙が500円って高くないですか?」
 といちゃもんをつけたりしましたが、結局、買いました。ブラック・ジャックかっこいいし、ピノコかわいいしね。
 おまけでついていた一枚謎は、あっさりでしたけれど。