雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

暇を持て余した、神々の、お絵描き『ミリオンゴッホ ~神々の素描~』をクリアしました

f:id:sinden:20170827115700j:plain
 博多なぞサミット2で開催されたナゾネットはかたさんによる公演『ミリオンゴッホ ~神々の素描~』の感想です。ネタバレには気をつけていますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

 ここは神々の作品が飾られた美術館でございます。
 作品には決してお手を触れないようお願いいたします。


 ・・・あぁっ!お客様!作品名を!あぁっ!


 ならず者のせいで神々はお怒りです。
 代わりに作品名を取り戻し許しを請う儀式を行ってください。

http://nazosmthkt.tonkotsu.jp/nazo9.html

脱出率

 不明。

閉じ込められる前

 せっかく九州に来たのだから、九州の団体さんの公演が遊びたい! そう思って、この公演を選びました。ここまで、ほぼコピペです。


 当日、開催場所に行って驚きました。
 部屋じゃないのです。
 物販や受付、休憩スペースの一角をホワイトボードで区切っているだけなのです。
 なんかすごい。
 あまり近づいたらネタバレを聞いてしまうかもしれない。そう思って、ちょっと距離を取って開始時間を待ちました。

閉じ込められてから

「1チーム2名です。今日は、お二人で来られました?」


「え? 違いますけれど、まあ、じゃあ、この方と一緒に挑みます」


「はい、では、こちらにお入りください」


 すっすっすっ。


 ちらっ。


「なるほど! こういうことか!!」


 ホワイトボードの裏側を見た瞬間に一目瞭然、どういう公演か理解しました。いや、上手いですねー。

脱出を終えて

 楽勝でした。
 11分50秒残しだったので、プレイ時間は13分強でしょうか。
 謎解きそのものは、けっこうかんたんで若干の拍子抜け感が否めませんが、この形態を取ったという点において、非常に素晴らしいと感じました。
 実際には、1人30分のカフェ謎でも成立すると思うのですが、敢えて2人1チームで、25分の公演にしたところに価値がありますね。博多なぞサミット2に来たけれど、空いている公演がなくて暇。そういう方を、可能な限り減らしつつ、最大限に楽しんでもらいたいという創意工夫を感じました。素晴らしいです。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★
探索
物量 ★★
ストーリー ★★★
画伯度 ★★★★★