雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

協力しておにぎりを作る『おにぎりさん』を遊びました

f:id:sinden:20170904131522j:plain
 デコクトデザインさんのゲームマーケット2017春の新作『おにぎりさん』を遊びました。
 いや、ふしぎなゲームですねえ。
 面白かったです。


 やることはかんたん、各自、梅干し、こんぶ、シャケ、3種類のおにぎりを完成させるだけ。ただし、自分のカードで自分のおにぎりを作ることはできず、他のプレイヤの前に出すことしかできません。
 ルールを聞いたときは、


「そんなの、かんたんじゃん」


 と思いましたが、実際に遊んでみたら、これが、なかなか難しくて驚きました。
 ジャンル的にはハンドマネジメントでしょうか。
 最初の内は、深く考えずに、おにぎりカードをプレイしたり、既に出されているおにぎりカードの上に、梅干しやこんぶなどの具カードを重ねていくのですが、プレイを続けていくと、


「あれ? もしかして、この梅干しカードって、もう出せない??」


 みたいな瞬間が訪れるのです。
 手札上限は3枚なので、出せないカードが1枚あると、残り2枚で回さざるを得ず、そのまま続くと、出せるカードが、次々と減っていくのです。
 そうして、


「あの、すみません。もう1枚も出せません」


 という状況になると、自分の前にある完成済みおにぎりを食べることになり、ゲームクリアが遠のきます。
 手札は公開することができず、限定された言葉でしか情報共有ができないので、ルール上、口にしてもいいギリギリのところで情報交換するも、すれ違ったりして面白いです。
 さっくりと遊べる面白い協力ゲームでした。
f:id:sinden:20170830121414j:plain