雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

竜宮城で金魚を愛でる『アートアクアリウム2017』に行ってきました

f:id:sinden:20170829191013j:plain
 日本橋で開催されていた『アートアクアリウム2017』に行ってきました。
 初めて行きましたが、幻想的で素敵な空間でした。撮影OKとのことだったので、iPhoneで何枚か撮りましたが、ミラーレスを持参すれば良かったと強く後悔しました。せっかくなので写真入りで会場の様子を紹介させてください。

入り口

f:id:sinden:20170829191932j:plain
 土産物屋を抜けて会場に入ると、早速、大小様々な金魚鉢の中を、悠々と泳ぐ金魚が出迎えてくれます。
 こちらは行灯風の金魚鉢ですね。

キリコリウム

f:id:sinden:20170907171541j:plain
 江戸伝統工芸の切子(きりこ)を用いた作品。
 切子グラスの中を、悠々と泳ぐ金魚が美しいです。

花魁

f:id:sinden:20170829194947j:plain
 会場前方に設置された、巨大な金魚鉢は、花魁と名付けられていました。
 周囲のライトによって七色に照らし出され、中の金魚もそれぞれ自由に動いているので、永遠に見ていられるんじゃないかってくらい蠱惑的でした。

獺祭スパークリング

f:id:sinden:20170829193857j:plain
 会場にはバーコーナーがあって、ビールや日本酒を飲みながら鑑賞することができました。
 特に獺祭とコラボしているらしく、スパークリングがオススメと言われ、日本酒のスパークリングなんて、こんな機会でもないと飲まないので頼んでみました。他にもブルームーンなどのビールもありました。

超花魁

f:id:sinden:20170829192319j:plain
 会場後方には、花魁を凌駕するサイズの、超巨大金魚鉢、その名も超花魁がありました。
 こちらも花魁と同じく、七色に照らし出されていました。丸みのある花魁に対し、超花魁は角張っていて、少しだけ他人行儀なところがありますね。

九谷金魚品評

f:id:sinden:20170829194407j:plain
 これは、今年の新作らしいですが、かなり気に入りました。
 真上から覗き込むと金魚が鑑賞できて、真横から見ると九谷焼が楽しめるという作品なのですが、斜めから見ると、九谷焼の酒坏の中を、金魚が優雅に泳いでいるように見えるじゃないですか。実に雅です。素晴らしい。

竜宮四季絵巻

f:id:sinden:20170829195632j:plain
 こちらも、今年の新作とのこと。
 プロジェクタで映し出される竜宮城を背景に、泳ぐ金魚を鑑賞できるのですが、背景に投影される金魚の影含め、風流です。お酒を飲みながら、じっくりと楽しめます。

床掛け金魚飾り

f:id:sinden:20170829192948j:plain
 出口付近にあった作品、今年の新作。
 九谷焼との組み合わせも良かったですが、これも気に入りました。
 掛け軸型の水槽内を金魚が泳いでいて、写真は何もないタイミングで撮りましたが、ここに筆で円を描いたり、墨をぶちまけたりするようなプロジェクタ的演出があって、美しかったですね。

終わりに

 行く前は「どうせ金魚が泳いでるだけでしょ」と甘く見ていましたが、予想をはるかに越え、幻想的で、素晴らしい時間が過ごせました。後、冒頭にも書きましたが、ミラーレスを持っていなかったことを、ほんとうに後悔。何なら期間中に、もう一回、行きたいくらいですね。