雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

わらべは欲しいけれど、あやかしは要らない『はないちもんめ』を遊びました

f:id:sinden:20170601183003j:plain
 オレラントさんのゲームマーケット2017春の新作『はないちもんめ』を遊びました。
 これは、なかなか面白かったです。
 続けて2回、プレイしました。


 イメージとしては、ガイスターをカードゲームにして、多人数型にした感じでしょうか。
 プレイヤは順々に手札からカードを渡したり貰ったりしていきます。
 その過程で失点カードをすべて渡すことに成功すると、その時点でゲームに勝利します。
 誰も、初期3枚の失点カードを渡しきることができなかった場合、今度は勝利点が最も高いひとが勝利します。
 面白いのは、手札を並び替えることができないルールと、失点カードを受け取ってしまっても、わらべカードではさめば0点にできるところです。


 失点カードを早々に処分して、さくっと勝って上がるのか、誰も上がらないことを前提に、可能な限り勝利点を高めていくか。勝利へのルートは2つあるのですが、それぞれに悩ましいポイントが設定されていて完成度が高いです。
 和風のアートワークも可愛らしく、ちょっと遊ぶのに最適なゲームです。