雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

龍河洞の近くで遊べる謎解き『洞窟からの脱出』に成功しました

f:id:sinden:20170903092634j:plain
 高知の龍河洞を観光しようと思ったら、土産物屋の隣に謎解きがあって驚きました。と言うわけで、謎壺屋さんによるルーム型『洞窟からの脱出』の感想です。ネタバレには気をつけていますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

不老不死になれるという噂の古の壼。
この壼を探しに来て生きて帰ったものはいない。
なんとか洞窟の最後の部屋までたどり着いたが・・・
どうやら呪いの仕掛けが作動してしまい、残り数分でこの洞窟は爆発してしまうみたいだ。
制限時間内に古の壼を見つけ出し脱出せよ!

https://www.nazotsuboya.com/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E7%B4%B9%E4%BB%8B/

脱出率

 30%ほど(店主曰く)

閉じ込められる前

f:id:sinden:20170903092648j:plain
 まさか、こんなところに謎解きの常設展があるなんて、まったく予想だにしていなかったので、素直に驚きました。
 近づいてみたら、20分で終わるルーム型ということで、2部屋ある内のオススメである方を挑戦することにしました。

閉じ込められてから

「おおっ、ひんやり涼しい! 壁が洞窟っぽい! 雰囲気ある~」


「……で、どうすればいいの??」


 どちらかと言うと、系統的には上海型、もしくは大陸型でしょうか。
 何をすれば良いのか分からず途方に暮れます。
 とは言え、文句を言っていても仕方ないので、とりあえず持ち上げられそうなものを一箇所に集めたり、どこかにヒントが隠れていないか調べて回ります。
 そうしていく内に、


「あ、なるほどね~」


 と発見があったり。
 それほど詰まることなく順調に進めていき、あるタイミングで、ちょっと目新しい仕掛けがあってテンションが上がります。

脱出を終えて

 と言うわけで、さっくり脱出成功。タイムは8分20秒でした。
 店頭に掲げられていたレコードは6分強で、謎解きの猛者が群れをなして挑戦しにきたらしいので、まあまあ、8分は悪くない感じでしょう。
 分量的にも内容的にも、なぞともカフェのCUBEくらいでした。
 秋山自身が慣れていたので10分を切りましたが、高知という場所を考えると20分は妥当かもしれません。
 レベル的にはけっして低くなかったので、もうひとつの部屋も期待が持てるなと思いつつ、次の予定があったのでお店を後にしました。機会があれば、また訪ねて、もう片方も遊んでみたいですね。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★
探索 ★★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★
鍾乳洞度 ★★★★★