雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

夜を迎えたとき、狂王は倒れる『逆臣の炎』を遊びました。

f:id:sinden:20170527141554j:plain
 Polygonotesさんのゲームマーケット2017春の新作『逆臣の炎』を遊びました。
『弱者の剣』と同じサイズの箱で、同じようにステンドグラス風のアートワークが魅力的なカードゲームです。


 ふしぎなプレイ感覚のゲームでした。
 最初に遊んだときは、ただの1回も何かを選択する余地なく、カードをめくり続けただけでゲームが終了し、唖然としたのですが、続けてもう一度、遊んだらもう少し長く続いたので安心しました。


 いわゆる『ラブレター』や『犯人は踊る』のように、要素を凝縮した系のゲームと言えます。
 巡る夜、刻一刻と変化する全プレイヤの場札、それら諸々を斟酌しつつ、勝利を狙います。
 誰かひとりの手元に「逆臣の炎」カードが3枚溜まったらゲームが終了を迎えるのですが、実はこのカード、両面とも同じ絵柄になっているのです。なので、


「あのひとの手札に、逆臣の炎が2枚もある! そろそろ終わるな……」


 と、終わりそうなタイミングの見極めはできるのです。
 革命が成立し、狂王が倒れるまでに、どれだけ勝利点を重ねられるかがポイントです。
 わりと奥深い気がしているので、繰り返し遊んだ方がきっと面白いです。