雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

リアル恋愛ゲームブック『片思いからの脱出』を遊びました

 SCRAPのリアル脱出ゲームブックの、シリーズ第5弾。に相当するのでしょうか?
『片思いからの脱出』を遊びました。
 まったく同名のリアル脱出ゲームがありますが、内容は完全に別とのこと。

リアル恋愛ゲームブック  片想いからの脱出 「運命の人」と、両想いを目指せ!  (マップ、手紙付)

リアル恋愛ゲームブック 片想いからの脱出 「運命の人」と、両想いを目指せ! (マップ、手紙付)

  • 作者: SCRAP,田中寛崇,松本哲也
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2016/02/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

ストーリー

これは、恋愛を擬似体験できるゲームブックです。
「運命の人」と両想いになれるか、砕け散るか──。
結末がどうなるかは、あなたの謎解き力にかかっています。


あなたは高校三年生の男子、写真部、彼女いない歴イコール年齢。
そんなあなたは登校中、門でぶつかった彼女に一目惚れをしてしまった。
彼女に関する手がかりは、写真部の部員が持っていた写真のみ。
「この中の誰かだと思うんだけど、誰?」
あなたは一枚の写真を指差し、彼女への想いを膨らませていく。
もう、立ち上がるしかない。
あなたは些細な情報から「運命の人」と仲良くなり、
片想いから脱出することはできるだろうか?

http://www.rittor-music.co.jp/dgamebook/kataomoi/

内容を3行で

・恋愛シミュレーションゲームのゲームブック化
・複数ヒロインとのマルチエンド
・パラグラフ数は100強

かんたんで良かった

 感想としては、かんたん、の一言に尽きます。
 少し前に遊んだ、リアル脱出ゲームブック『十人の憂鬱な容疑者』が、とにかく難しく、とにかく時間が掛かったので、この『片思いからの脱出』も、


「どうせ、めっちゃ時間かかるんじゃないの?」


 と思っていたのですが、ノーヒントで2日程度でクリアできました!
 実際のプレイ時間は4時間ほどでしょうか。さくさくでした。

短いのが良い

 全体のパラグラフ数は100なので、だいたいヒロイン1人につき、20パラグラフくらいと言えます。
 1人、攻略を終えたところで、


「じゃ、今夜はこれくらいにしておこう」


 とページを繰る手を休められるので、とっつきやすい感あります。
 謎解き要素も控えめで、どちらかと言うと、いわゆるリアル脱出ゲームでよくあるやつと言うより、スマートフォンから専用ページに行って、タップしまくる、みたいな感じが多いので、デジタル的な探索力を試される感じです。

軽いプレイヤにオススメ

 と言うわけで、がっつりと謎解きに向かいあいたいという方より、謎解きって言うのがあるらしいけれど、あんまりガチなのはやる気になれないから、かわいくてポップな感じのを遊びたい。という方に向いています。
 イラストも多めですしね。
 個人的には、これくらいの方が、ちょうど良いあんばいで好みです。良かったですよ。