雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

博物館明治村×リアル脱出ゲーム『大逆転裁判2「容疑者」夏目漱石最後の事件 ゴーストライターの明暗』成歩堂コースで無罪を勝ち取りました

f:id:sinden:20170909120807j:plain
 名古屋に住んでいたときは、一度も訪れたことがありませんでしたが、謎解きが開催されるならば行かざるを得ません。と言うわけで、『大逆転裁判2』とコラボした『容疑者 夏目漱石最後の事件』の感想です。ネタバレには気をつけていますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

f:id:sinden:20170909120726j:plain

あの文豪夏目漱石が、自身のゴーストライターを殺害した罪で起訴された。


ゴーストライターがいたという疑惑だけでなく、その人物を殺したという罪まで着せられ、名実ともに絶体絶命の漱石。
裁判が明日に迫る中、成歩堂龍ノ介は彼の無実を証明すべく立ち上がる。


同じ頃、ホームズはとある依頼状を手に明治村を訪れていた。
その依頼状には「私を殺したのが夏目漱石であるという証拠品を見つけ出して欲しい」と書かれていた。
そう、差出人は死んだはずの人物。ホームズは、漱石の有罪を決定づける証拠品を探すよう依頼を受けていたのだ。
すれ違う成歩堂とホームズ。


果たして成歩堂が漱石の無罪を証明することはできるのか。
そして、二人の道の先にある一つの真実とは?

http://realdgame.jp/event/meiji_natsume_lastcase.html

脱出率

 不明

参加する前

f:id:sinden:20170909115856j:plain
 明治村へのアクセスは、大きく3種類です。車で行くか、犬山駅からバスに乗るか、名駅前ないし栄からバスに乗るかでしょう。
 今回は9時15分に名駅着、9時40分に名鉄バスセンター発、11時明治村着というルートを選びました。当初予定では2時間で謎を解き、2時間を観光と休憩として、15時には明治村を発ち、16時に栄に到着し、サカエチカの周遊謎でもしようと考えていました。
 ちなみに入村料は大人1名1700円ですが、ヤフオクに、これが半額になる株主優待券が出ていたので、それを落札して利用しました。


 入村すると、そこは1丁目です。謎解きキットを配布しているのは5丁目なので、けっこう距離があります。どれくらい距離があるのか分からなかったので、周囲の風景を楽しみつつ、写真を撮りながら移動しましたが、正直、そんな悠長にやっている場合ではありませんでした。
 観光は謎解きを終えてから、いくらでもできるので、まずは最速で謎解きキットを購入しに行くべきでしたね。
 明治村に到着してから、謎解きキットを購入するまで、30分くらい掛けてしまったかもしれません。


 謎解きキットは成歩堂コースと、難関とされるホームズコースの2種類があります。
 どちらも所要時間は2~3時間と言われ、悩んだ末に、両方、購入しました。

開始してから

f:id:sinden:20170909115819j:plain
 まずはキットの中身を確認します。
 小冊子が入っているので、ストーリーを読みます。けっこう分量がありましたね。
 今回に備え、『大逆転裁判』を遊びましたが、夏目漱石はお気に入りのキャラです。けっこう愉快な造形で描かれており、その憎めないキャラクタから『逆転裁判』におけるヤハリこと矢張政志と同じ立ち位置と言えます。絶対に犯人なりえないのだけれど、何故か、毎回、容疑者になってしまう、みたいな。


 形式的には、指示された場所へ移動し、探索をして、ヒントを集めて、そのヒントを元に謎を解いて、次の場所へ移動するという仕組みです。
 ただし、実際には「次の場所に辿り着いたらページをめくろう」みたいなことが書かれてあって、その場に着いてページをめくったら「○○に辿り着いたな! さあ、○○を探してみよう!」みたいなことが書いてあるので、小冊子をパラパラめくったらネタバレ必至という設計です。


 周遊系の謎解きにおいては、導線が、最終的な満足度をけっこう左右するのではと考えています。
 どんなに面白くても、クリアするのに同じ場所を、行ったり来たりさせるとストレスが溜まりますからね。
 その点、今回のゲームは、けっこう考えられていて、明治村を歩き回り、楽しみながら謎解きができたような気がします。
 敢えて言うと、成歩堂コースとホームズコース、両方を同時並行で遊ぼうとすると、確かに移動距離的には最効率となるでしょうが、頭の中で物語がこんがらがり、今回は、特に推理力や論理力が求められる系なので、混乱して、かえってスピードが落ちるような気がします。


 まあ、そんなこんなで、11時半くらいからスタートして、のんびり写真を撮りながら遊び始めましたが、14時半くらいで、ようやく中盤を迎えました。
 実質3時間で成歩堂コース、ホームズコース、共に中盤なので、ペース的にはそこそこなのですが、明治村の閉館は17時。謎解きに集中して、お昼ごはんも食べてないことを考えると、


「このペースで並行してやっていると、どちらも終わらない可能性がある……!」


 という結論に至り、


「よし! ホームズコースは、諦めよう!!」


 と決断しました。
 そこから先は、ホームズコースは情報収集だけやって、解くという作業は成歩堂コースに絞ってさくさくと進め、16時には「これだ!」という結論に至りました。
 そうなると惜しく感じるのは、ホームズコース。
 せっかく来たのに、やっぱり諦めがつきません。
 なんとかならないという気持ちが首をもたげてきます。
 そして、メタ解きを駆使して、なんとか、


「多分、最後の答えはここにある!」


 と言うところまで突き止めましたが、その時点で16時半。
 正門に移動して、成歩堂コースの解答を提出して、お土産を買って、コインロッカーに預けていた荷物を改修して、栄行きのバスに乗ることを考えるとギリギリです。
 と言うか、成歩堂コースの最終解答が間違っていた場合、リカバリに要する時間を考えると、もう時間はないに等しいです。


「やっぱり、ホームズコースは諦めよう!!」


 と、後ろ髪を引かれつつ正門に移動し、最終解答を提出します。

結果

 無事に、無罪判決を勝ち取りました。
 あまり休憩を取ることなく、歩き回り続けていたので、終了後は放心して、売店で買ったお菓子をぼんやり食べたりしました。
 いや、そうとう歩きました。
 しかも、30度を越える気温だったので、汗もかきました。
 帰りのバスは、栄に到着する直前まで熟睡でした。


 しかし、それにしても、書いていても無念なのは、ホームズコースをクリアできなかったことですね。
 ちょうど成歩堂コースの最終解答を提出したとき、前にいた2人組が、両方のコースの最終解答を同時に提出していたのですが、なにやら両方のコースをクリアしたひとだけが貰える的な何かを貰っていたような気がします。


 うーん、不完全燃焼! です……。


 気になるは気になるのですが、さすがに工程的に、ちょいしか残っていないので、その、ちょいのために名古屋まで移動して、名駅からさらに往復2時間かけて明治村まで行く気には、ちょっとなれません。
 名古屋在住だったら、行っていたのかもしれませんけれど。


 残 念 無 念 !


 と言うわけで、心残りありありなので、ついグダグダと書いてしまいましたが、多分、最初から成歩堂コースだけに絞っていれば、十全に楽しめたと思います。
 あるいは、観光を断念して、最初から謎解きに集中していれば、完遂できていたでしょう。どちらも中途半端にやってしまったからこそ、中途半端な結果になってしまった……。


 開催期間は12月10日までなので、それまでに、また名古屋に行く機会があれば、間違いなく足を伸ばしますが、どうですかねー……。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★
探索 ★★★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★★★
逆転裁判度 ★★★★★

あわせて読みたい

 このリアル脱出ゲームは『大逆転裁判2』とのコラボですが、『大逆転裁判』はプレイ済みです。よろしければ、そちらの記事も。
www.unjyou.com