雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

後楽園ヒミツキチ閉店の報せを受けて

f:id:sinden:20170730160353j:plain
 後楽園ヒミツキチオブスクラップが、12月10日で閉店します。
 正直なところ動揺を禁じえません。
 そんなに何度も訪ねたわけではありませんが、ようやく馴染み深くなってきたお気に入りの場所を、ひとつ失ってしまう気分です。

謎解きを始めてから最初に触れたSCRAP

「リアル脱出ゲームを遊ぼう!」と思い立って、最初に選んだのは、後楽園ヒミツキチで開催されていた『僕と勇者の最後の7日間』の再演でした。テーマ的にファンタジー感があって、触れやすい印象だったのです。
 従って、後楽園ヒミツキチが、初めて見たSCRAPの常設店で、


「なるほど、これがリアル脱出ゲームを毎日やってる店舗なのか」


 と思った日を懐かしく思います。

期間限定店舗だったなんて……

実は、後楽園ヒミツキチはビル取り壊しのため、初めから期間限定!と決まってスタートした店舗でした。そのため、壁を建てたり壊したり、汚したり、床を張り替えたり、たくさんのことができて、毎回毎回お客様を驚かせたり、楽しませたりすることができました。
また、開催する公演も常に攻めの姿勢で、今までにないタイプの新作や、大きく手を加えたリバイバルの公演を行うことができました。

http://www.scrapmagazine.com/column/close_korakuen/

 ぜんぜん知らなかったので、もう、ほんとショックでした。
 そうと知っていれば、もっと通っていたはずです。


……と、言っても、リアル脱出ゲームは、原則1回限りのイベントです。
『ある病院からの脱出』は謎解きを始める前の公演なので仕方ないにしても、『僕と勇者の最後の7日間』、『ある廃病院からの脱出』、『月面基地からの脱出』、『THE SECRET AGENT』と、それ以降の公演は、すべて参加している*1ので、どちらかと言うと謎解きプレイヤの中では、後楽園ヒミツキチには行っている方かもしれません*2

閉店あれば開店もある

 考えてみれば、秋山が謎解きを始めてから、心斎橋アジトが閉店し、池袋アジトが開店しました。渋谷ラボも閉店が近いですね(別の場所で大きくなって復活するみたいですけれど)。
 それ以前にも、渋谷ナゾビルや、鹿児島アジト、つくばアジトも、あったのですよね。
 そういうことを考えると、まあ、移り変わるものですよねえ。
 謎解きは、元より1回限りの体験で、その刹那性を楽しむ面もあります。
 後楽園ヒミツキチがなくなってしまうのは、とても残念ですし、心にぽっかり穴が空くような気分でもありますが、あんまり後ろ向きでも仕方ないので、以下の言葉で応えたいと思います。


 今までありがとう!
 後楽園ヒミツキチがあったから脱出好きになったよ!
 またね!

*1:『THE SECRET AGENT』に至っては、2回も参加しました

*2:『恐怖の大探索祭』は、恐いの苦手勢なので、そっと見送りました。