雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

紙で出来た王国を救え『ペーパーキングダムからの脱出』に成功しました

f:id:sinden:20170909202813j:plain
 名古屋アジトでだけ遊ぶことができる『ペーパーキングダムからの脱出』の感想です。ネタバレには気をつけていますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

まもなく閉館する夜の図書館。
ふと目に止まった一冊の絵本を手にとり、ページを開いたその瞬間、まばゆい光があなたを包み込んだ。

「どうか、この世界を救ってください!」
どこからともなく聞こえる声。

目がさめると、鳥、草木、街も水も... 何もかもがペラペラな世界になっていた。
どうやらすべてが紙で出来た王国"ペーパーキングダム"に迷い込んでしまったようだ。

さらにこの王国では、紙の住人たちが次々と折りたたまれてしまうという恐ろしい事件がおきていた。
鍵を握るのは、王国に隠された魔法のハサミ!
彼らを助けることが出来るのは、外の世界からきたあなたしかいない。
さあ、あなたは王国の平和を取り戻し、絵本の世界から脱出することができるだろうか?

http://realdgame.jp/ajito/nagoya/event/paper.html

脱出率

f:id:sinden:20170909202833j:plain
参加チーム:1537
成功チーム:247(成功率:16%)

参加する前

f:id:sinden:20170909183247j:plain
 まあ、ペーパーキングダムと言うくらいでしょうから、テーマは、紙、なのでしょう。
 紙と言えば……、
 折ったり、
 重ねたり、
 切ったり、
 透かしたり、
 も、出来ますけれど、それ以上に思い浮かぶのは、ペーパー試験、ですよね。
 きっと大量の小謎が次から次へと出てきて、椅子に座りっぱなしで、片っ端から解いていくんだろうなあ、と思っていました。

開始してから

 アジト型なんだから、んなわけないだろーっ!


 と、かつての自分を怒鳴りつけてやりたいです。
 いやあ、脱出を疑似的に体験するヒミツキチ型(ホール型)とは異なり、アジト型(ルーム型)は実際に閉じ込められるわけですから、もちろん探索はあるし、もちろん動き回るに違いないわけです。
 一体全体、どうしてペーパー試験と思ったんでしょうかね。
 と言うわけで、直前まで明治村にいて周遊謎をやっていたこともあり、炎天下を歩き回り疲れまわっていたこともあり、ややテンションが低かったのですが、いざ公演が始まって趣向に気づいてからは、


「うわーい! なにこれー、たっのし~!」


 と、盛り上がりに盛り上がっていました。

結果

f:id:sinden:20170909202557j:plain
 と言うわけで、56分50秒。危なげなく、楽しい時間を満喫するような形で、きれいに脱出できました。
 メンバー的にはリアル脱出ゲーム初めての方や、1~3回目の方もいましたけれど、皆さん、とても察しがよく、またスタッフの方も、積極的に口を出してきてくれたので、それほど滞ることもなくスムーズに行けたかなという印象です。
 まあ、何よりもですね、楽しいのが良いですね。
 前述の通り、周遊で疲れていたところもありましたが、楽しい公演だったので、全力で盛り上がってしまいました。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★
探索 ★★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★★★
ペーパー度 ★★★★★

終わりに

f:id:sinden:20170909205445j:plain
f:id:sinden:20170909205034j:plain
 終わった後は、マジックスパイスでスープカレーを食べました。
 ちょうど初音ミク10周年に合わせてミクコラボをやっていたので特別メニューを頼んで癒やされました。辛いだけのカレーは苦手ですけれど、マジスパのカレーは癒やしのカレーですよね。