雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

グラブルの活撃刀剣乱舞コラボ『蒼天の縁』お疲れ様でした

f:id:sinden:20170926212536p:plain
 古戦場本戦も2日目に突入しているのに、今さら何事? と思われるかもしれませんが、いやあ、少しずつ刀剣のレベルを上げながら、改めて、じわじわと、活劇刀剣乱舞とのコラボ『蒼天の縁』が良いイベントだったなあと、しみじみ思ったので許してください。

グラブルのコラボは真摯で丁寧

 スレイヤーズやサクラ大戦、ストツー等、グラブルは2ヶ月に1回くらいでしょうか? けっこうな頻度でコラボイベントを開催していますが、毎回、思うのは、


 真摯!


 そして、丁寧!!


 ですね。
 シンプルに言うと、やっつけじゃないんですよ。
 決まりきったテンプレートの上に、イラストだけ差し替えてコラボだと言いはるのではなく、ストーリーやイラストには原作へのリスペクトがあり、そのコラボのためにシステムを新規に開発していたりして、コラボ先に対する真摯さや丁寧さがちゃんと見えるんですよね。
 たとえばスレイヤーズならドラグスレイブ全文詠唱だし、サクラ大戦なら光武搭乗、ストツーならピヨリと、一手間かけているのが、とても好印象です。

プレイ中のpostなど





 名古屋に行っていたり、大阪に行っていたり、いろいろと慌ただしく、充分に遊ぶための時間が設けられませんでしたが、暇を見つけては遊び、けっこう堪能しました。

とうらぶについて

 実はサービス開始初日からのプレイヤなのですが、わりとすぐに飽きてしまった口です。
 基本システムが、ほぼ艦これで、システム的に飽きてしまっていたと言うのもありますが、世界観や設定的には、今でも、ほんとうに大好きで、刀剣男子たちを想うと、いろいろ捗ります。
 特にね、燭台切光忠。
 彼がいちばん好きです。
 後は、三日月宗近とへし切長谷部も好きです。
 ほんとうは、コラボには燭台切光忠が出てきてくれていれば嬉しかったのですが、まあ、コラボ第2弾に期待するとしましょう。
 今回は三日月宗近が尊さを十全に発揮していて、もう、何と言うか、正座して、その活躍される様子を、ありがたく拝聴させていただいた次第です。

終わりに

 さ、引き続き本戦2勝目に向けて走るとしますかね。