雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

実際に爆弾を解除する『THE爆発物処理班2』に挑戦しました

f:id:sinden:20170926211431j:plain
 時解で遊ぶことができる、実際に爆弾を解除するカフェ謎『THE爆発物処理班2』の感想です。ネタバレには気をつけていますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

f:id:sinden:20170926211456j:plain

爆弾処理の訓練を行います。
出てくる謎を解き明かし爆弾を解除せよ!

遊んでみた

 トロヴィ工房さんの公演は、ナゾトキテーマパーク2017で遊びたくて、当日抽選の列に並びましたが外れました。と言うか、ものすごい人数が参加を希望していて、当選確率はけっこう低めでした。
 やっぱりですね、手で触って、物理的に爆弾を処理することができるという体験は、貴重ですよね。
 リアル謎解きゲームって、リアルと言っていますが、実際に脱出したり謎を解いたりするわけではなく*1、わりと擬似体験と言うか、様々な小道具や演出によって、擬似体験の精度を上げてはいますけれど、まあ、嘘ですよね。あくまで劇中のストーリーを、追体験している気分になるだけです。
 そこに来て、リアル爆弾の解体は、テンションが上がります。
 何しろ失敗したら爆発して死ぬわけですからね*2
 後、こういう物作りができるひとって、とても憧れます。


 相変わらず関係のない前段が長くて恐縮ですが、もう少し続けさせてください。
 皆さん、ハンダゴテってご存知ですか?
 ロマサガ3に出てくる四魔貴族のアラケスは関係ないですよ。
 ハンダゴテです。
 漢字で書くと、半田鏝。
 鏝……って、なんですかね? という疑問はさておき、自分、今の会社に新卒で入るまで、ハンダゴテのゴテのことを、ずっと篭手(こて)だと思ってたんですよ。学生時代に剣道をやっていた、というのもあるかもしれませんけれど。
 で、篭手という言葉から、ハンダゴテ=グローブ的なるものを想像していたのです。あっつい何かから両手を保護するためのね。
 でも、入社して、半導体に関する研修を受けて、その中で、ハンダゴテが出てきて、


「え? これが、ハンダゴテ?? 嘘、グローブじゃないの??」


 目玉が飛び出るかと思いましたよ。
 マジで。


 で、この話が、どう繋がってくるかというと、

物作りができるひとって、とても憧れます。

 に繋がるわけです。
 そう、ハンダゴテも知らなかったくらいですから、いわゆる物作りには、とんと疎いわけですよ。トロヴィ工房さんの、この爆弾も、どういう仕掛けなのか、さっぱり分かりません。
 そして、その分からないものを、分からないなりに謎を解いて、爆発しない、無害なものにしなければならない。


 うーん、楽しかった! です!


 やっぱりですねー、カフェ謎は手を動かしてなんぼですよね。
 鉛筆と紙を渡されるだけなら、持ち帰り謎で充分なわけです。
 コンポーネントコストが高くて、その場でしか遊べない。カフェ謎には、リアル公演と持ち帰り謎の中間的な楽しさがあります。


 謎については、そこそこの難易度でした。
 秋山は、


 とりあえず、やってみる。


 なんなら総当たり。


 が、謎解きにおいては基本スタイルなのですが、このスタイルを貫いた結果、3回くらい爆死しました。
 そして、時解スタッフの方に、爆弾を元通りにして貰い、再チャレンジを繰り返しました。
 なんとかね、最終的に解き明かし、きっちり解体できて良かったです。

終わりに

 途中にも書きましたけれど、コンポーネントコストの高いカフェ謎でした。
 時解に行く機会があれば、是非、遊んでいただきたいカフェ謎です。
 ちなみに、今回、秋山が遊んだのは『2』ですが、前作は平日限定で遊べるみたいです。こちらも機会があれば遊んでみたいですね。

*1:いや、解きはするんですけれど

*2:実際に爆発はしませんけれど