雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

天才を測ることは天才にしかできない。戯言コラボ『ギフテッドテスト』に成功しました

f:id:sinden:20170926220022j:plain
 西尾維新のデビュー作『クビキリサイクル』がアニメ化と言うことで、なぞともカフェが周遊謎としてリリースした、ナゾラリー『ギフテッドテスト』を遊びました。西尾維新の大ファンとして早急に遊ばざるをえない! そう考えて速攻で遊びました。
 傑作でした。
 今年の周遊ベストかもしれません。
f:id:sinden:20170916163357j:plain

感想

 傑作でした。
 そう書きましたが、ひとによっては駄作かもしれません。
 あるいは「騙された!」と叫ぶかもしれませんし、「これはありなのか?」と疑問を投げかけるかもしれません。
 その一方で、笑顔で「騙された!」と喜ぶひとがいるかもしれませんし、「これもありなのか!」と謎解きの新たな一面を発見するひとがいるかもしれません。


 コラボ作であることに、ある種のもったいなさを覚えると同時に、これこそ西尾維新の戯言シリーズ感に溢れていると快哉をあげたい気持ちもあります。


 どうなのでしょう。
 なるべく多くの方に遊んでいただいて、感想を聞きたい気分です。
 と言うか、自分でも、どうして成功できたのか分かりません。
 謎解きを遊んでおらず、ただの西尾維新ファンだった頃の秋山ならば、まず成功は出来ていなかったでしょう。
 その一方で、謎解きに慣れきってしまった秋山は、完全に殺されていました。
 成功することができたのは、西尾維新に対する愛と、謎解きに対する愛が、ギリギリの、ほんとうにギリギリのバランスで成り立ったからこそ、閃くことができたと言えます。
 認められるのか、認められないのか。
 傑作なのか、駄作なのか。
 広く世に問いたいですね。
f:id:sinden:20170927174001j:plain

余談

f:id:sinden:20170924203341j:plain
 ここから蛇足になります。
 西尾維新に登場するキャラクタたちは、誰も彼も心の底から好きで、心の底から嫌い、もしくは憎んでいるキャラは、そんなにいません。とても共感しますし、彼らの、ときに常軌を逸した行動は目を剥きはしますが、ある種の納得感もあったりします。
 いちばん好きなのは誰でしょうか。案外、玖渚友かもしれません。
 彼女が幸せに暮らすことができる世界は、ほんとうに素晴らしいと思います。
 奇策士とがめも好きです。病院坂くろね子……失礼、噛みました、病院坂黒猫も好きです。少女不十分の少女も、五番目の妹も、空々空も、羽川翼も、球磨川禊も、哀川……ではなくて、潤さんも、安心院なじみ……ではなく、安心院さんも、もちろん萩原子荻も好きです、が、意外や意外、いちばん好きなのは、園山赤音、かもしれません。

健康が煙草に悪いのだよ。

 この台詞、ほんとうに好きです。


 と言うわけで、今回の謎解きにおいて、どこを突破口にするかは人によって異なるでしょうけれども、秋山にとってのそれは園山赤音でした。こんなに嬉しいことはないですね。
 この謎解きを傑作と断言するのは、思い入れ補正もあることでしょう。
 でも、まあ、いいじゃないですか。
 好きなものは好き。
 良いものは良い。
 傑作は傑作。
 そういうことです。

終わりに

f:id:sinden:20170916164311j:plain
 そう言えば、コラボドリンクも飲みました。
 コーヒー党なので、普段、こういうのは飲まないんですけれど、玖渚友モチーフとあっては頼まざるをえませんでした。