雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

5種類のゲームが遊べる『Ars Combinatoria 1 出会いの喜び/錬金術』を遊びました

f:id:sinden:20170923110252j:plain
 青い街さんのゲームマーケット2017春の新作『Ars Combinatoria』を遊びました。
 遊びました、と書きましたが、一部、インストだけのもあります。


f:id:sinden:20170923110820j:plain


 タイトルの位置付けが難しいのですが、Ars Combinatoria自体は、組み合わせ術という意味で、様々なゲームが遊べるというシリーズの総称である様子です。
 そう考えると、Ars Combinatoriaはサブタイトルに近しく、この作品固有のタイトルは「出会いの喜び/錬金術」になりそうな気がするのですが……まあ、細かいことを気にしても仕方ないでしょう。


f:id:sinden:20170923110307j:plain


「運命の人」「秘密のサイン」「幸せな時間」「時の祭壇」「再会の約束」いずれもテーマ性が重視されており、ゲームを楽しむと言うより、ゲームはツールに過ぎず、同じ時間、同じ場所を共有している友達と過ごす時間を楽しむ、みたいな感じでした。
 5作の中では「時の祭壇」が、いちばんゲームゲームしていて、いわゆる運と実力のほどよいバランス、読み合いが楽しめる、バランスの良い2人用ゲームだと感じました。


 いちばん好みなのは「再会の約束」ですね。
 これは抜群に気に入りました。
 なんなら、今年、触れたゲームの中では、五本の指に入ります。
 傾向としては『光より遅く』に近いかもしれません。


「果たして、これはゲームと言えるのか?」


 という疑問にもさらされるでしょう。
 でもですね、もう雰囲気だけで充分です。
「再会の約束」に特化した、これだけが遊べるゲームがリリースされたら、思わず買ってしまうかもしれない、それくらい気に入りました。


 ここでルールを説明しても良いのですが、ちょっともったいない気もするので、もし秋山と会う機会があれば、是非、聞いてみてください。「再会の約束」ってどんなゲームですか? と。

あわせて読みたい

『光より遅く』も傑作なので、機会があれば、是非、触れてみてください。
www.unjyou.com
 リプレイ記事も書いていました。こちらを読めば、どんなゲームか分かりやすいかと。
www.unjyou.com