雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ニチョ謎さんの一枚謎が楽しめるカフェ「なげっぱ」に行ってきました

f:id:sinden:20170924172800j:plain
 毎週日曜日、12時から20時まで、新宿三丁目にあるバー「DOCK」を借りて開かれる、ナゾとゲームとパズルが楽しめるカフェ「なげっぱ」に行ってきました。
 直前までメルエの公演だったので、歌舞伎町やゴールデン街を突っ切って歩いたのですが、15分くらいでしょうか、ほどよい運動になりました。
 通りに看板が出ていたので建物はすぐに分かりましたが、地下だと気づかずにちょっと戸惑いました。
 店内に入ると、看板犬のおかみさんが目の前にいて驚きました。このサイズのわんこを撫でるのは久々ですね。秋山の実家は、いつも犬か猫のどちらかがいる家なのですが、大型犬はゴールデンレトリーバーを最後に飼っていなかったので、この大きさは久々で、けっこう懐かしさもありました。


 カウンター席が7席ほどと、横並びのテーブル席が2卓、だったかな?
 カウンター席に座り、お会計1000円でウェルカム問題と呼ばれる、言わば「今週の一枚謎」とワンドリンクをいただきます。
 この週は「名は体を表す」という謎で、ジャンル的には、なんでしょう、ワードパズルの一種でしょうか。エレガントな謎でした。
 だいたい30分ほどで解くことができたので、せっかくなのでもう1問、ひとつ前の週の「大事な一手」にも100円で挑戦させていただきました。
 こちらもワードパズルでしたが、ヒントと答えの間に距離があるので、より長い時間、呼吸を止めて潜らないと辿り着けない、そんな謎でした。こちらも30分くらいでしょうか。


 合計で1時間ほど、楽しい時間を過ごすことができました。
 日曜日を新宿で過ごす日は、少し足を伸ばすことになりますが、また行きたないと感じた次第。