雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ハリウッド映画とのコラボ「THE MUMMY ESCAPE GAME」成功しました

f:id:sinden:20170924185004j:plain
 ハリウッドが放つ今夏の新作『THE MUMMY』とコラボしたリアル脱出ゲーム『THE MUMMY ESCAPE GAME』の感想です。ネタバレには気をつけていますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

あなたは、本日付けでプロディジウム研究所? あらゆるモンスターが管理されている秘密裏の組織に配属された特殊部隊の一員。


先日、このプロディジウム研究所にあらたなモンスターが運びこまれた。中東で発見された砂漠の王女のマミーだ。マミーエリアにて施設の説明を受けているとき、突如警報が鳴り響いた!!保管室に厳重に封印されているはずのマミーから異常反応が確認されたのだ。どうやら封印が解けかかっているようだ。このマミーは人類に災いをもたらすと言われ、彼女の解放は世界の終焉を意味する。


特殊部隊に任務が課せられた。制限時間は60分。すべての謎を解き明かし、マミーを封印し、全人類を救え!

http://themummyescapegame.com/jp/

脱出率

f:id:sinden:20170924185102j:plain
挑戦:208チーム
成功:96チーム(成功率46%)

参加する前

「なんか、怖そう」


 と言うのが第一印象でした。
 そのため、真っ先に挑戦するのは避けたのですが、参加された方から、続々と「怖くなかった」というレポートが上がってきて、


「怖いのが平気なひとは、怖い公演に行っても、当たり前だけれど怖くなかったと言うから、むしろ怖いのが苦手だけれど、勇気を出して行ってみたら怖くなかったら、そういうひとの『怖くなかった』が見たいけれど、ほんとうのほんとうに怖いのが苦手なひとは、勇気を出して行ってみるには至らないので、結局、今、レポートとして書かれている『怖くなかった』は、ただのひとつも信用できないのでは?」


 と疑心暗鬼になりつつも、行ってみました。
 当日はミスボド脱出部のメンバーと一緒に行ったのですが、10名でグループチケットを取るまで希望者が集まらなかったので、8名で申し込み、2人組の方と一緒に挑戦しました。

開始してから

 公演開始の合図と共に、いっせいに動き始めるメンバーを横目に見つつ、いきなり突発的に何かが起こっても大丈夫なように、適度に距離を取り、探索している風を装っていたら、


「秋山さん、暇なら、これ解いててください」


 と小謎を押し付けられ、仕方なく謎を解くことに。
 幸いにして、その小謎は瞬殺できたので、また小謎を押し付けられないよう、テーブルの上を整理したり、紙をまとめたり、整理整頓したりしました。


 次のステップに進んでからも、だいたい同じ感じで、あまり壁際には近寄らず、部屋の中心で集まってくる情報を整理して、


「あ、だいたい分かりました。多分、LIONです*1


 と皆に伝えて、どんどん進んでいきました。

結果

 大丈夫。


 怖くなかったです。


 そして、華麗に脱出成功しました。
 タイムは44分49秒。
 15分残しは、まあまあの成績ではないでしょうか。
 途中、秋山のミスリードで5分ほど無駄にした感があったので、それさえなければ40分も切れたのではと感じました。


 余裕をもってクリアできたからではないですが、最近のSCRAPにしてはかんたんに思いました。ただ、これは、この公演の性質によるように思います。
 そう、このリアル脱出ゲーム『THE MUMMY ESCAPE GAME』は、アメリカは西海岸のロサンゼルスでも開催されているのです。と言うか、日本国内でも英語でプレイ可能です。
 ストーリー系の謎解きは、どうやら世界的に見ても日本が先進的らしいので、国内のプレイヤに向けて難易度を調整してしまうと、日本以外のプレイヤには向かなくなってしまいます。従って国際化を志向した公演であるという背景を考えると、この難易度は、適切であるように感じました。


 と同時に!
 難易度が低い、しかし品質が高い。と言うのは、大きな価値でもあります。
 つまり、初めてのリアル脱出ゲームにうってつけ、と思うのです。


「今度、初めてリアル脱出ゲームを遊んでみたいんですけれど、何がオススメですか?」


 そう聞かれたら、しばらくは、この公演が良いですよ。そう即答しようと思った次第です。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★★
探索 ★★★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★★★
小道具充実度 ★★★★★

*1:嘘の答えです