雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

カードの裏を読み、おいなりさんをゲットせよ『キツネのいたずら』を遊びました

f:id:sinden:20170923122202j:plain
 雅ゲームスさんのゲームマーケット2017春の新作『キツネのいたずら』を遊びました。
 2人専用のゲームで、いわゆる非対称型カードゲームの亜種と言えるでしょう。
 コンポーネントにスリーブが含まれており、ゲーム開始前に、あまりカードを見ずに、村人カードと狐カードが、それぞれ背中合わせになるようにスリーブに入れ、注意深くシャッフルします。そして、村人役のプレイヤは村人側のカードが見えるようにカードを持ち、狐役のプレイヤは狐側のカードが見えるように村人役プレイヤの手を反対側から覗き込みます。


 各ラウンドは5枚のカードを順々にプレイする5ターンから構成されています。
 カードプレイの順番は村人側が決めることができます。村人側がカードを並べなおして、準備が整ったらゲームスタート。村人側から、


「次は、このカードをプレイします!」


 と、左端から順番にカードを前に出します。
 これに対し、狐側は、そのカードを村人側を上にして効果を解決させるならば「ポン!」、狐側を上にして効果を解決させるならば「ドロン!」と宣言します。
 1ラウンド内で、ドロン宣言ができるのは計2回。つまり、5ターン中2回は狐側の面を上にして効果解決、残り3回は村人側の面を上にして効果解決するわけです。


f:id:sinden:20170923122642j:plain


 ゲームの目的は、先に3勝することです。
 序盤は、お互いに手の内がまったく分からないので、プレイ回数が多い村人側が有利ですが、ゲームが進むと、じょじょにカードの裏が見えてくるので、狐側が有利になります。


 アイデア自体は面白いのですが、全体的に狐側のプレイヤの方が有利だなという印象です。
 続けて3回ほど、遊ぶ相手を変えながら遊びましたが、3回とも狐勝利で終わりました。特にカードの組み合わせによっては、狐側がストレート勝ちしてしまい、村人側に抵抗する余地がないので、もう少し調整が必要だったかなあという気がします。
 とは言え、シンプルに遊べる、読み合いが楽しい2人用ゲームとしては、充分に及第点で楽しく遊ぶことができました。