雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第2回『日本謎解き能力検定』に向けて模試と練習問題に挑戦してみた

 謎検3級所持者の秋山です、こんにちは。

謎検 過去問題&練習問題集2017

謎検 過去問題&練習問題集2017

 2017年5月21日に行われた第一回日本謎解き能力検定において、62点を獲得し、3級に合格しています。
 このときは、4479人が検定に挑戦し、全国平均は62点だったので、まさに平均ど真ん中の成績と言えます。順位も2255位でした。
 個人的には準2級以上なら箔がつくなあと勝手に思っていたので、62点の3級は残念なところです。


 さて、そんな謎検ですが、2017年11月19日に第2回が開催されます。
 今回は準2級を、つまり70点以上を目指して予習するか!
 そう思って、買いました『謎検 過去問題&練習問題集2017』を。


 早速、時間をはかりながら、模試と練習問題に挑戦してみたわけですが……、


 模試の結果は、60点で3級相当。
 練習問題の結果は、60点で3級相当。


 やっぱり3級の実力じゃねーか!!


 いや、ほんとう、どういうことなんですかねえ、これ。
 SCRAPのバランス調整が絶妙を極めていて、マジで精確に謎解き力を計れるとしか考えられません。
 ただ、弱点は分かりました。
 明らかに注意力散漫です。
 そう言えば、62点を取ったときも、5項目中3項目でB判定だったのに、注意力だけはD判定で、

少し注意力が足りないようです。注意力不足により、せっかく解法を導いても、最後にミスを生んでしまったり詰めの甘さに繋がりやすいので、鍛えていきましょう。

 と、コメントされていました。
 振り返ってみると、普段の仕事でも、だいたいおおまかには出来ているのに、ちょっとした見落としで、すべてを台無しにすることもしばしば……。


 あれ? もしかして、謎検って、人生において役に立つ??


 とか、そんな戯言はさておき、次回の謎検においては、冷静かつ沈着に事を進めたい所存です。