雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

花見を制するものがゲームを制する『サクラハント』を遊びました

f:id:sinden:20170923182246j:plain
 JUGAME STUDIO(ジュゲムスタジオ)さんのゲームマーケット2017秋の新作『サクラハント』を遊びました。
 JUGAMEさんの新作『パーフェクトホテル』も面白かったですが、こちら『サクラハント』も面白かったですね。
 昨年の、落語を題材とした『真打』も好みの作品なので、デザイナを問わず、JUGAMEさんの作品は、秋山の好みに近いのかもしれません*1


 メインのメカニズムはオープンドラフトとセットコレクション。
 4つの花見会場にカードをプレイすることで、それぞれの会場における桜が満開に近づいていきます。満開のタイミングでカードをピックすると、より高得点が得られますが、どのプレイヤも満開のタイミングを見計らっているので、誰かひとりがピックし始めると、他プレイヤも飛びつき始め、すぐに魅力的なカードはなくなってしまいます。
 かと言って、満開一歩手前でカードを取ってしまうと、得られる勝利点は低く、悩ましいです。
 最終的には1から10までの桜カードを繋げれば繋げるほどボーナス点が多く得られるので、いかにして連番を作るかが勝利の秘訣となります。


 アートワークが素晴らしく、きれいな桜のイラストを手元に並べるだけで、けっこう幸せな気持ちにもなります。
f:id:sinden:20170923185356j:plain

*1:JUGAME STUDIOさんは、YU MARUNOさんとHiroshi Kawamuraさん。デザイナ2人のサークルです。