雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

テーブルとんちRPG『せっ〇〇しないと出られない部屋』無事に出られました

f:id:sinden:20171105134316j:plain
 ナゾガク感想第4弾はWaLD!さんの『せっ〇〇しないと出られない部屋』です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

感想

 1~2人で遊び、カップルだと割引が適用されるというルーム型の公演でした。
 事前に、


「なんだろう? 接着かな?」


「接着したら出られないでしょ。出させてくださいっていう説得じゃないの?」


「切開かもしれないよ。出るために」


「あんまり予想しすぎると楽しみが半減するよ。せっかちだなあ」


「いや、脱出したいじゃない。せっかくだしね」


「節操ないなあ」


 みたいな話をしつつ、ファミレス形式だったこともあり部屋の前で待っていたのですが、室内からは様々な声や音が漏れ聞こえてきており、なんだかすごいことが繰り広げられていました。
 だいぶ待つことになるかも……と思っていたのですが、ナゾガクのファミレス形式は、名前を呼んでも、そのひとがいなければ、がんがん次を呼んでいくので、意外にさっくり順番が回ってくるのですよね。こうして、それほど待たずに通して貰うことができました。


 室内に一歩、入ったら、


「ほう!」


 ちょっと想像していなかったと言うか、新鮮なタイプの公演でした。
 わりと慌ただしく、楽しくドタバタしたのですが、それはそれで良かったですね。
 仕組み的には、もっと狭い空間で、キャストと向かい合って座ってじっくりできそうな気もしますが、こういうドタバタ感は嫌いではないので良かったです。茶番が好きなひとから、謎解きが好きなひとまで幅広く楽しめる良い公演でした。