雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ひつじを並べてコンボを決める『ひつ陣』を遊びました

f:id:sinden:20170527124624j:plain
 OKAZU brandさんのゲームマーケット2017春の新作『ひつ陣』を遊びました。
 皆、大好き羊がモチーフ!
 羊が出てくるボードゲームって多いですよねえ。


 ルールはいたって簡単、場から入手した羊カードを、自分の前に並べていくだけ。
 山札が枯れて、ゲームが終了したときに、自分の前に並んでいる羊カードの状態で得点を得て、もっとも点数が高いプレイヤが勝利。と、インスト自体は、5分も掛かりません。
 まあ、小箱ですからね。


 ところがどっこい、遊び始めたら迷うこと迷うこと。
 小箱とは思えないほど、様々な悩みを突きつけてくるのです。
 と言うのも、羊カードを並べるのにあたり、起点となるカードと同じ数字もしくは、連番となるようにしかカードを配置できないのです。
 その制限が課せられている中、同じ色の羊を繋げる必要があり、さらに、鈴のマークがつながっているほどボーナスが貰えたり、ハートマークや星マークが多いひとほどボーナスが貰えたり……、最効率を目指そうとすると無限に考えられるのです。
 うっひゃー、かわいい見た目なのに、しんどい!! たのしい!!!!!


 遊び始めたときには、


「羊かわいいねえ」


 とか言っていたのに、開始5分で、全員が全員、無言で熟考。
 いつの間にか自分も沈思黙考してしまっていて、思わず、


「ここ数分、誰も、一言も喋ってない」


 と言って、ようやく笑いが生まれるくらいです。
 いやあ、なかなかのユーロ感溢れるゲームです。
 インスト5分、プレイ時間45分でトータル50分でした。小箱だけれど、しっかりとした重みのあるゲームが遊びたい方にオススメです。

あわせて読みたい

 少し前に、同じOKAZU brandさんの『エンペラーズ・チョイス』の感想を書きました。
www.unjyou.com