雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

失われた星空を取り戻せ『星コロ』を遊びました

f:id:sinden:20170422132648j:plain
 広島ものづくりジムさんのゲームマーケット2017神戸の新作『星コロ』を遊びました。
『星コロ』と書いて、「せいころ」ではなくて「ほしころ」と呼ぶみたいですね。
 コロはサイコロのコロ。
 ダイスゲームですね。


 ストーリーが、けっこう好みです。
 夜空から星座を形成する星が失われてしまい、宇宙の秩序を取り戻そうと国に申し立てをするけれど取り合ってくれない。仕方ないので、天文学者たちが頑張るという。
 役立たずの国と、愛する星空のために自ら頑張る天文学者たちという対比が素敵です。
 ロマンがありますね。


f:id:sinden:20170427195338j:plain


 ゲーム的にはダイスゲームとオープンドラフトの組み合わせ。
 振られたダイスを、ひとりひとり順番にピックしていって、出目に応じて、星座カードの上に自分のキューブを置いていきます。星座カード上に規定の個数分のキューブが置かれたら、星座が復活したとされ点数が入ります。
 ひとりでせっせと星座カードにキューブを投入していくのもありですし、他のプレイヤに上手いこと相乗りして美味しく点数も貰っていくのもあり。と言うか、ゲームデザインとしては後者に主眼が置かれていて、ラウンドごとに出目を読みながら、どうすれば他プレイヤと協調して、より多くの点数を得られるかを考える必要があります。


 何度か遊びましたが、プレイ時間は20~30分程度。
 さっくりと遊べる素敵な世界観のダイスゲーム。宇宙に星空を蘇らせるというストーリーが気に入る方なら、きっと楽しく遊べることでしょう。