雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

麻雀をシンプライズしたダイスゲーム『菊花賽』を遊びました

f:id:sinden:20170419223311j:plain
 しのうじょうさんのゲームマーケット2017神戸の新作『菊花賽』を遊びました。
 しのうじょうさんと言えば、今まで『ヤオチュー!』や『ALL GREEN』など、『麻雀』をシンプライズしたゲームで知られていますが、ここに来て、さらにシンプライズしたゲームを出されました。


『菊花賽』は初版では2人用でしたが、最新の第2版では2~4人で遊べるようになりました。
 麻雀風にざっくり説明すると、ダイスを3つ使って刻子(コーツ)か順子(シュンツ)を作るのが目的です。


 いきなり麻雀に喩えておいてあれですが、ゲームとしてはオサレにデザインされており、麻雀らしさは皆無です。
 ドラも「流行」という言葉に置き換えられていて、麻雀を知らないひとにも勧めやすく、気軽に遊べます。
 そして、そういう方と実際に遊んでいると、


「もしかして、不用意にダイスを入れ替えたら、自分がどの色の、どの目を狙っているかバレてしまう?」


 と、麻雀の醍醐味のひとつに気がついてくれたりして、ゲームを遊ぶ人間としては、ちょっと嬉しくなります。
 麻雀を知っているひとには、いかにも小粒で物足りなくありますが、誰とでも気軽に遊べるという点において優位性があります。見た目も可愛らしいですし、ダイスゲームなので運の要素で初プレイの方も勝てますし。