雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

協力して姫の望むネックレスを作る『ジュリアーノ王子の貢ぎ物』を遊びました

f:id:sinden:20170524195142j:plain
 久遠堂さんのゲームマーケット2017春の新作『ジュリアーノ王子の貢ぎ物』を遊びました。
 宝石が山ほど入っていて、これらの宝石を獲得して、並べることでネックレスを作るという手を動かすアナログ感のあるゲームです。
 やっぱりボードゲームはですね、この手を動かす感が良いですよね。
 このゲームの場合、カードゲームにも全然できると思います。
 宝石ごとにイラストを描いてカードにして、テーブルの上に並べておいて、必要になればドローすれば良いのでかんたんです。
 でも、それだと、やっぱり、


 ネックレスを作ってる感。


 これに、欠けますよね。
 おそらくこの遊ぶ楽しさを追求した結果、山ほどの宝石を箱の中に入れることになったのだと思います。
 良いと思います。


 ゲーム的には、どちらかと言うと運の要素が強めで、まあ、それほどのやりこみ要素はなさそうでした。
 1周遊べば良いのではとも一瞬、感じましたが、いざ遊び始めてみると意外に難しくて、


「え、これクリアできるの?」


 となりましたが、きちんと規定ラウンド数分プレイしたら、ほぼぴったりにクリアすることができて、なるほど、よく出来ているなあと感心した次第。一緒に遊んだ方は、ダイスの期待値云々と説明されていましたが、そういうところは、あまり見ない秋山なので、ただ単に成功できて良かった良かったとほくほくです。
 可愛らしいゲームを、ほんわか遊びたい方にオススメです。