雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

自分当て推理ゲーム『俺は誰だ?』を遊びました

f:id:sinden:20171205120027j:plain
 ゲームマーケット2017秋の試遊卓で、カレーのみ亭さんの『俺は誰だ?』を遊びました。
 いわゆるインディアンポーカー系でしょうか。
「いっせーのーせっ」でカードを1枚、額の前にかざします。
 各カードには、性別、趣味、性格、チャームポイントなどの情報が書かれていて、他のひとに質問しながら、自分の正体を思いだすことを目的とするシンプルなゲームです。


f:id:sinden:20171203142305j:plain


 たとえば趣味がけん玉のひともいれば、あやとりのひともいて。チャームポイントがポニーテールのひともいれば、ぼさぼさの髪のひともいて、特徴ひとつでは限定できないよう工夫がされています。
 また、ブラフがありとされているので、純粋に推理だけではなく、嘘を見抜くコミュニケーションスキルも求められます。


 飲み会とか、テーブルの上がゴチャゴチャしている場でも遊ぶことができる、パーティゲームで仲の良いメンバー同士であれば楽しく遊べるなと感じました。
 唯一の難点は、カード枚数が限られているが故に、ある程度、推理が進めば、すぐに分かってしまうことでしょうか。
 と思っていたら、カードの総数を増やす拡張版も販売されていて、これを加えることで、よりゲーム性が豊かになりそうだと感じました。