雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

端から端へ一直線に橋を架けよう『BRIDGE』を遊びました

f:id:sinden:20171202162107j:plain
 東京ゲームメイカーズさんのゲームマーケット2017秋の新作『BRIDGE』を遊びました。
 ゲームマーケットが発表されるゲームも増えてきており、裾野が広がったのか、2人用アブストラクトも多くリリースされるようになったと感じました。
 中でも、パッと見の美しさがある『BRIDGE』を遊びました。


f:id:sinden:20171202162607j:plain


 自分のコマを使って、辺と辺を繋げる、ある種、ランドルフの『Twixt(ツイクスト)』の系譜に列なる作品と言えるでしょうか。特徴的なのは、


・一直線に繋げなければならないこと
・斜めでも良い(従って、最短2手で勝てる)


 と言ったところでしょうか。
 ルールを聞いて「面白そうですね!」と、tokeiさんと2回ほど遊びました。しかし、結果は……、


 2回とも引き分け。


 そう、注意深く遊んでいると、絶対に負けることがないのですよね。
 その内に、勝利条件を満たすことができなくなり、


「これ以上、続けても無意味ですよね」


 と、自然に協議終了を迎えてしまいます。
 上手いことダブルリーチを掛けることができれば良いのですが、そのためには手番を用いすぎてしまい、あんまり現実的ではありません。
 どちらかと言うと、アブストラクトゲームに慣れているひとがターゲットと言うより、まだ論理的思考に慣れていない子どもに向けて、思考を育てるためのゲームかな、と感じました。
 じっと盤面を見つけてみる内に、白と黒が溶け合って、思わず目眩を覚えるデザインは面白い感覚でした。